お金を儲けてはダメなの?お金を悪とするのは、無責任だ。

「大企業は、お金を儲けることしか、考えていないのでしょ? 社会貢献って言っていても、信じられないよ。 会社の中にお金を貯め込んで、賃金は上がらない。」   お金を儲けることを、悪と考えている人達がいます。 そし … 続きを読む お金を儲けてはダメなの?お金を悪とするのは、無責任だ。

妻に対するイメージとは?妻に求められる固定観念を見直す。

「結局、私がやらなければならないのよ。 「イクメン」っていう言葉があるのに、「イクレディ」って言わない。 共働きでも、家事、育児は、女性がやるという考えは、 なんで無くならないのかしら?」   男性が持つ偏見、 … 続きを読む 妻に対するイメージとは?妻に求められる固定観念を見直す。

作られたイメージを重視する?相手を知る事の大切さ。

「抹茶に砂糖を入れたいのですか? 抹茶は、コーヒーや紅茶とは違うんです。 抹茶には砂糖を入れず、そのまま飲んでください。 これが、正しい抹茶の飲み方です。 当店には、抹茶用の砂糖は、ありません。」   自分は、 … 続きを読む 作られたイメージを重視する?相手を知る事の大切さ。

こうなって欲しいと望む?過程に沿った望みを信じよう。

「お客さんに、信頼してもらえる人になる。 これは、目標なの?夢なの? 商品の成り立ちも知らない、商品の注意点も説明できない、 商品の制度も知らない。   商品の使い方を、簡単に説明しているだけでは、 信頼へは、 … 続きを読む こうなって欲しいと望む?過程に沿った望みを信じよう。

悪口を聞くと腹が立つ?悪口を聞いても悩まされない方法。

「悪口を言われているのは、知っているよ。 悪口も、評価の一つだよ。 全く関心を持たれないより、反応を確認できるよ。 悪口を気にしたら、相手の思うツボにはまるだけ。」   悪口を耳にすると、嫌な気分になります。 … 続きを読む 悪口を聞くと腹が立つ?悪口を聞いても悩まされない方法。

孤独は悪い事か?孤独の愛し方で、心を安らかにする。

「学生さんで、 孤独だと思われるのが嫌で、 トイレの個室の中で、お弁当食べている、 こんな話を聞いて、とても驚いたよ。 孤独は、ダメな人で、嫌がられているんだね。」   孤独と思われることを、嫌がる傾向があり、 … 続きを読む 孤独は悪い事か?孤独の愛し方で、心を安らかにする。

確固たる信念を持ったら、行動に移そう。遠慮は不要である。

「困難な状況でも、 失敗して落ち込んでいても、 時代遅れと批判されても、 こんなに、一生懸命取り組んでいるんだから、 揺るがない信念が支えているんだね。」   確固たる信念が持てたら、周囲の騒音に惑わされず、 … 続きを読む 確固たる信念を持ったら、行動に移そう。遠慮は不要である。

意見を聞くことができるか?それは、動機付けが鍵になる。

「うなずいて、聞いているね。 でも、今、伝えた言葉、記憶に残らないだろうな。 難しいとか、理解できないとかじゃないよ。 聴きたいって思っていないからだよ。」   役に立つ意見や助言を聞いても、 動機付けが不十分 … 続きを読む 意見を聞くことができるか?それは、動機付けが鍵になる。

感情をコントロールすべきか?自分の感情を大切にしよう。

「感情をおさえ、冷静に対応する。 笑顔で、いつも、笑顔で。 こんなの、ロボットに任せればいいんだよ。 感情豊かに、感情表現するのは、個性だよ。   突然、怒鳴って、悲鳴をあげ、泣きだす、 このような例外もあるけ … 続きを読む 感情をコントロールすべきか?自分の感情を大切にしよう。

会えなくなった人を思い出す?大切な人の存在を感じる。

「あれ?この年越しそば、 つゆの中に、しめじが入っているね。 しょう油味で、おいしいよね。 そばつゆで食べるより、具が多くて、好きなんだ。 久しぶりに、この味、思い出したよ。」   ちょっとした出来事で、会えな … 続きを読む 会えなくなった人を思い出す?大切な人の存在を感じる。

多すぎる興奮は、感覚麻痺を引起す。興奮は適度に求めよう。

「夢中になれるんだよね。 起きている間は、暇があれば、ゲームやっているよ。 ゲーム機は、任天堂もSONYもマクロソフトも、 全部あるよ。 最近は、スマホでゲームだね。どこでもゲームができるよ。」   興奮できる … 続きを読む 多すぎる興奮は、感覚麻痺を引起す。興奮は適度に求めよう。

疲れていても眠れない。原因は、神経が興奮しているからだ。

「体が疲れていて、すぐに眠れない時があるんだ。 寝る前に、体の力を抜く運動をするようになって、 寝つきがよくなったよ。 全身、ゆらゆら力を抜いて、揺らすんだよ。」   体の疲れを取るために、ゆっくり休みます。 … 続きを読む 疲れていても眠れない。原因は、神経が興奮しているからだ。