心が安らぐ?それは、同じ時間を共有し、寄り添うこと。

「特別なこと、何もないよな。 普通に話して、笑って、テレビ見て、 花札して、トランプで遊んで、 ドーナッツ食べて、ハンバーガー食べて、 一緒にいただけだよ。」   一緒にいるだけで、心が安らぎます。 そして、寄 … 続きを読む 心が安らぐ?それは、同じ時間を共有し、寄り添うこと。

何であんなことを言ってしまったのか?言葉の持つ怖さ。

「何であの言葉が、出てくるんだろうね。 忙しいのは、知っているけど。 いけない事情があるから、頼んだだけなのに。 日頃から、言葉に出さなかっただけで、 ずっと思っていたんだね。」   悪意がなくても、 相手を傷 … 続きを読む 何であんなことを言ってしまったのか?言葉の持つ怖さ。

自分の事はよく知っている?自己を知る事の難しさを考える。

「いよいよ面接だね。 志望動機と自己分析、基本的な質問だけど、 これらが、一番重要だよね。   自分のことって、自分が一番わかっているから、 質問されても、答えられるって思うよね。 でも、質問に答えられないんだ … 続きを読む 自分の事はよく知っている?自己を知る事の難しさを考える。

試練のない人生はあるのか?試練は、誰にでもやってくる。

「やりたいことが見つかったから、 専門学校に通っていたんだ。 勉強は、順調にすすんでいたけど、 卒業する前に、恩師が亡くなってしまって、 とても悲しかった。」   将来の夢に向かって、順調に歩んでいる最中に、 … 続きを読む 試練のない人生はあるのか?試練は、誰にでもやってくる。

よい人は快楽に魅了される?結局正しい道に戻ってくる。

「若いころは、楽しいことを求めていたな。 ファッションにも興味があって、 洋服や靴をいっぱい買ったな。 シルバーのアクセサリーも好きだったな。 バイトして、お金貯めて、遊んで、バイトして、 大学では、ほとんど勉強しなかっ … 続きを読む よい人は快楽に魅了される?結局正しい道に戻ってくる。

心をよみがえらすには、自分の意志が強く関わっている。

「仕事をはじめたころは、 お客さんに寄り添って、仕事していたな。 ゆっくり話して、いつの間にか時間が過ぎて、 楽しかったな。   今は、後輩を指導する役割も加わって、 仕事は、上手くできるようになったな。 でも … 続きを読む 心をよみがえらすには、自分の意志が強く関わっている。

実践するだけでは意味がない。仕組みを知って実践しよう。

「この書類を書けば、仕事がやっと終わる。 でも、なんでこんなに詳しく、書かなければならないんだ? 複写になっていて、一部は保管用、 後は、提出箱に入れる。 この書類は、どこへ行くんだろう?」   組織の中で働い … 続きを読む 実践するだけでは意味がない。仕組みを知って実践しよう。

慣れた仕事を維持すべきか?慣れに執着することの気持ち。

「来年度に向けた面接が始まるね。 異動?まだ、考えていないよ。異動すると、 新しい業務を、覚えなければならないからね。 今の職場で満足しているから、 異動は当分しないよ。」   キャリアを積む機会があっても、 … 続きを読む 慣れた仕事を維持すべきか?慣れに執着することの気持ち。

なぜ干渉してくるの?人を支配したがる理由を考える。

「なぜ、報告しなかったの?規則で決まっているでしょ? 報告、連絡、相談、 いつも、守りなさいって、言っているじゃない。 私が知らないことを、勝手にやって欲しくないの。」   規則で決まっていることは、守らなけれ … 続きを読む なぜ干渉してくるの?人を支配したがる理由を考える。

心地良い時間が流れている。こんな時間は幸福のしるし。

「今日は、バーベキュー日和だね。 バーベキューセットは、もう何年使っているんだろう? とても使いやすいし、壊れないね。 愛車に乗って、買い出しに行こうか。 牛肉、たくさん買おうね。」   明るい陽ざしの中、楽し … 続きを読む 心地良い時間が流れている。こんな時間は幸福のしるし。

今日も一日無事に終わった。疲れた心を夜空が癒してくれる。

「今日は、星がきれいに見えるね。 星座って素敵だよね。 覚えている星座は、 おおぐま座の北斗七星、オリオン座。 これくらいなら、夜空の中で探せるよ。」   素敵な夜空を見ながら、自然と一体になる、 そんな瞬間が … 続きを読む 今日も一日無事に終わった。疲れた心を夜空が癒してくれる。

心配だから手伝うの?相手は、信頼させてないと感じている。

「まだ半分しか完成してないって、言っていたな。 期限までは、十分時間があるけど、 心配だから、手伝ってあげて。 期限までにできなかったら、かわいそうでしょ?」   悪意があるとは、表現しませんが、 相手のことを … 続きを読む 心配だから手伝うの?相手は、信頼させてないと感じている。