一人で成功を遂げられる?同じ志を持った仲間と行動しよう。

「一人で起業している、カリスマ経営者より、

数人で起業している企業の方が、

柔軟性のある、成長企業だと思うよ。

私が投資するなら、

数人で起業した会社かな。」

      

何かアイデアがあったら、

考えを共有してくれる、仲間を探して、

いっしょに行動したいです。

では、仲間の力とは何でしょうか?

       

それは、

  • 一人では、一人分の力でも、三人では、六人、九人分の力になる。
  • ふかふかの良い土壌で、志しの根を、太く丈夫にする。

です。

      

それでは、

19~20世紀のイギリスの哲学者、ラッセルの言葉と一緒に、

「仲間」について解き明かします。

1     イギリスの哲学者、ラッセルは、『幸福論』の中で述べています。

自分の環境とどうもしっくりいかないと

思う若い人たちは、

職業を選択するにあたっては、

可能な場合はいつでも、

気心の合った仲間が

得られるチャンスのある仕事を

選ぶように努めなければならない。

      

ラッセル著 安藤貞雄訳 『幸福論』 岩波書店 

1991年 145ページより引用 

       

2    一人では、一人分の力でも、三人では、六人、九人分の力になる。

仲間の力とは、1人では、1人分の力でも、

3人では、6人、9人分の力に拡大します。

     

なぜなら、人数分の力と、団結力、理念の共有や、

分業の利点が加わるからです。

     

一人が、落ち込んで沈んだ気持ちになっても、

仲間の前向きな姿が、立ち直るきっかけを、分け合います。

また、思い込みや偏った考えを、

仲間との会話で、修正できます。

     

仲間の力とは、相乗効果を生み出します。

      

3     ふかふかの良い土壌で、志しの根を、太く丈夫にする。

仲間の力は、志しの根を太く、丈夫にします。

なぜなら、仲間との関係が、

ふかふかでよい土壌を作るからです。

     

根が丈夫だと、上の部分が大きく育ちます。

また、豪雨にも台風の強い風にも、倒れません。

さらに、害虫や病気に強いです。

外部環境に適応できるようになります。

     

仲間の力は、志しを枯らさない環境をつくります。

    

4     仲間のまとめ

ラッセルの言葉と一緒に、

「仲間」について解き明かしました。

     

仲間とは、

  • 一人では、一人分の力でも、三人では、六人、九人分の力になる。
  • ふかふかの良い土壌で、志しの根を、太く丈夫にする。

です。

     

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。