仕事がなかなか覚えられない。繰り返す事があなたを助ける。

「初めてやる業務だから、すぐにはできないよ。

正確さが、求められるからね。

繰り返し、何回もやっていれば、覚えられるよ。

あせらなくてもいいよ。

あきらめないで、繰り返すこと、

この気持ちが大切だよ。」

 

新しい仕事を始める時、なかなか仕事が覚えられず、

悩んでしまします。

そんな時、あせらず、繰り返し、続けることが大切です。

では、繰り返すこととは何でしょうか?

 

それは、

  • 自信を積み重ねること。
  • 頭で理解し、体で動くこと。

です。

 

それでは、

19~20世紀のスイスの哲学者、ヒルティの言葉と一緒に、

「繰り返すこと」について解き明かします。

 

1   スイスの哲学者、ヒルティは、『幸福論』の中で述べています。

精神的な仕事を容易にする最も有効な、

とっておきの方法が一つある。

それは繰り返すこと、

言い換えれば、

いくどもやり直すことである。

 

ヒルティ 草間平作訳 『幸福論 第一部』

岩波書店 1961年 28ページ

 

2   自信を積み重ねること。

繰り返すことは、自信を積み重ねます。

なぜなら、1回や2回では、覚えられず、

また、自信も持てないからです。

 

落ち込んだり、あきらめたりせず、

繰り返すことで、仕事を覚え、活躍できます。

悩まず、忍耐強く、繰り返し行えば、

自信を持って、活用できます。

 

繰り返し行うと、自然と技術が身につきます。

 

3   頭で理解し、体で動くこと。

繰り返すことは、頭で理解し、体で動くことです。

なぜなら、不規則で不揃いに動いていた、

頭と体が上手く連携できるからです。

 

繰り返していく中で、修正点に気付き、

不要なところを削除し、自分の好きな部分を確認し、

自分に合ったやり方を見つけられます。

そして、自分のやり方をすれば、頭で考えたことが、

体で表現できます。

 

繰り返すことは、頭の考えが、スムーズに体に伝えられます。

 

4   繰り返すことのまとめ

ヒルティの言葉と一緒に、

「繰り返すこと」について解き明かしました。

 

繰り返すこととは、

  • 自信を積み重ねること。
  • 頭で理解し、体で動くこと。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。