名誉のためにがんばっている?名誉より大切な努力の過程。

「出版社から、執筆原稿を依頼された、

これは、名誉なことだよ。

原稿料がいくらなのかとか、

原稿料の値段で、やるかやらないか決めるとか、

考え方を変えた方がいいよ。

そんなに価格が知りたければ、自分で問い合わせなさい。」

 

くだらない名誉を得るために、自分の時間を

犠牲にしなければならない事があります。

では、名誉とは何でしょうか?

 

それは、

  • 努力の過程が評価されたもの。
  • お金では買えない価値が含まれる。

です。

 

それでは、

19~20世紀の日本の教育者、新渡戸稲造の言葉と一緒に、

「名誉」について解き明かします。

 

1   日本の教育者、新渡戸稲造は、『武士道』の中で述べています。

若者が追求しなければならない目標は

富や知識ではなく、

名誉である。

 

新渡戸稲造 奈良本辰也訳 『武士道』 三笠書房

1993年 105ページから引用

 

2   努力の過程が評価されたもの。

名誉とは、努力の過程が評価されたものです。

なぜなら、はじめから決められた名誉は、ないからです。

 

ステレオタイプの名誉を得るために、

多くの労力を使うのは、時間の無駄です。

 

努力の過程と、その結果が評価され、

実感があり、自覚した、実質的な名誉になります。

そして、名誉は、努力への慰労と敬意を示しています。

 

典型的な名誉は、

自分の時間を犠牲にした上に座ります。

 

3   お金では買えない価値が含まれる。

名誉には、お金では買えない価値が含まれています。

なぜなら、名誉の中に、尊敬や敬意があるからです。

 

人々は、地位やお金持ちという理由だけで、

名誉を与えません。

人々は、名誉の中に、尊敬や敬意を込めています。

お金で買える、名誉職と、尊敬される名誉とは、

別の概念です。

 

名誉には、賛美と称賛があります。

 

4   名誉のまとめ

新渡戸稲造の言葉と一緒に、

「名誉」について解き明かしました。

 

名誉とは、

  • 努力の過程が評価されたもの。
  • お金では買えない価値が含まれる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。