期待されてがんばっている?継続には、やすらぎが必要だ。

「仕事中は、いつも元気で頼もしいね。

期待の星だから、大変だよね。

自分の仕事と、頼まれた仕事と、

他のスタッフの手伝いと。

テキパキと、よく仕事ができるね。

家でも、勉強していないと、これは、できないよ。」

 

才能や能力がある人は、期待され、

日々がんばって活躍しています。

しかし、休息し、やすらげる場所がないと、

継続できません。

では、やすらぎとは何でしょうか?

 

それは、

  • 冷静に判断し、対応してくれる上司がいる。
  • 心が癒される空間がある。

です。

 

それでは、

18~19世紀のイギリスの詩人、ブレイクの言葉と一緒に、

「やすらぎ」について解き明かします。

 

1   イギリスの詩人、ブレイクは、「ウィリアム・ポンド」の中で述べています。

私は愛は熱い太陽の中に

住んでいると考えた、

しかし、おお愛は

月の光の中に住んでいる!

私は愛を日中の暑熱の中に

見つけようと考えた、

しかし甘美な愛は夜の慰め手なのだ。

 

松島正一編 『対訳ブレイク詩集』 岩波書店

2004年 317ページより引用

 

2   冷静に判断し、対応してくれる上司がいる。

職場でのやすらぎとは、

冷静な判断をする上司の存在です。

なぜなら、無責任な期待を押し付けないからです。

 

他人が求める仮面をつける必要がなく、

自分自身の素顔でいられます。

そして、分からないことや迷ったことを、

相談できる、ホッとできる空間です。

 

やすらぎは、無責任な期待を追い払います。

 

3   心が癒される空間がある。

活躍する人には、心が癒される空間が必要です。

なぜなら、いつも、気を抜かず、

緊張して輝いているから、疲れてしまうからです。

 

輝き続けるには、自分の心を燃やして、

光を出さなければなりません。

そして、心を休め修復するための、

いやしのシャワーを浴びます。

 

活躍する人には、やすらぎが必要です。

 

4   やすらぎのまとめ

ブレイクの言葉と一緒に、

「やすらぎ」について解き明かしました。

 

やすらぎとは、

  • 冷静に判断し、対応してくれる上司がいる。
  • 心が癒される空間がある。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。