自信をもって生きるには?自分を気にかける気持ちを育もう。

「背が高くて、体が大きいのが、嫌なの?

猫背になっている姿も?

目立つから?

 

体が大きくて、頼りがいがある、

おおらかな感じ、包容力がある、やさしそう、

温かみがある、懐が深い、

こういう印象があるけどね。」

 

自分の劣等感を好きになれません。

そんな時、自分に、「今日は元気?」と、

声をかけてあげましょう。

自分自身のことを、いたわってあげることで、

自信を持って暮らせます。

では、自分のことを気にかけてあげることとは、何でしょうか?

 

それは、

  • 自分自身に興味を持つ。
  • 自分自身を見守る。

です。

 

それでは、

20~21世紀の日本の詩人、吉野弘の言葉と一緒に、

「自分のことを気にかける」ことについて解き明かします。

 

1   日本の詩人、吉野弘は、「奈々子に」の中で述べています。

お前にあげたいものは、

香りのよい健康と

かちとるにむづかしく

はぐくむにむづかしい

自分を愛する心だ。

 

『吉野弘詩集』 株式会社角川春樹事務所

1999年 55ページより引用

 

2   自分自身に興味を持つ。

自分のことを気にかけるには、自分自身に興味を持ちます。

なぜなら、興味がなければ、

気にかけることは、できないからです。

 

「ニキビができているよ、チョコレートを食べ過ぎたの?」

「眼鏡を変えたんだね。よく似合うよ。」

「おいしかったよ、今日の夕食。」

「いつもきれいに、歯を磨いて、素敵だね。」

 

どんな小さなことでもいいので、

自分への関心を広げ、興味を示します。

 

自分自身に関心を持ち、話しかけてみましょう。

 

3   自分自身を見守る。

自分のことを気にかけるには、自分自身を見守ります。

なぜなら、見守りには、ゆっくり時間を共有する、

穏やかさを持っているからです。

 

焦って結果を求める、できていないことに怒る、

気になる短所を責める、持っていないことを悲しむ、

いろいろな感情があることを認めつつ、

いったん時間を止めて、自分自身を見守ります。

 

そして、見守りながら、ゆっくり時間を進めると、

穏やかに過ごせます。

 

自分を責めないで、穏やかに暮らせます。

 

4   自分のことを気にかけることのまとめ

吉野弘の言葉と一緒に、

「自分のことを気にかける」ことについて解き明かしました。

 

自分のことを気にかけるとは、

  • 自分自身に興味を持つ。
  • 自分自身を見守る。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。