日々競争の中で疲れている?競争社会の大変さを乗り切る。

「医療や福祉は、一般企業と違って、

競争は、無いかと思っていたよ。

ニュースで、病院が破産したって、伝えていて、

びっくりしたよ。

競争は、どの業態にもあるんだね。」

 

私達は、競争社会の中に身を置いて、暮らしています。

競争を望まなくても、競争に巻き込まれるので、

競争と向き合っていく覚悟が必要です。

では、競争社会を乗り切るには、どうすればいいでしょうか?

 

それは、

  • 競争に負けない体力をつける。
  • 競争相手が少ない環境を選ぶ。

です。

 

それでは、

19~20世紀のスイスの哲学者、ヒルティの言葉と一緒に、

競争」について解き明かします。

 

1   スイスの哲学者、ヒルティは、『幸福論』の中で述べています。

彼等がすこし上の方へあがるならば、

その上なお、

後から来る者に対する

恐怖の念にたえず苦しめられる。

彼等は、競争者の考えていること、

企てていることを、

自分の経験から

充分よく知っているからである。

 

ヒルティ 草間平作訳 『幸福論 第一部』

岩波書店 1961年 131ページ

 

2   競争に負けない体力をつける。

競争社会では、競争に負けない体力をつけます。

なぜなら、競争に勝ち残っていくには、

持久力が必要だからです。

 

体力とは、勝ち抜く気力、更新された知識、

周囲のサポート、健康、人脈、キャッシュです。

そして、競争の中で、戦っていく覚悟が必要です。

競争は、最後に勝ち残って、存在していればいいのです。

 

競争社会で勝ち残る体力を、手に入れます。

 

3   競争相手が少ない環境を選ぶ。

競争社会を乗り切るには、

競争相手が、少ない環境を選びます。

なぜなら、競争が少なければ、

生き残れる確率が高まるからです。

 

新しい分野なのか、未開の分野なのか、

誰もやりたがらない分野なのか、

特殊な技術が必要なのか、規制の対象なのか。

競争相手が少ないのは、何らかの条件があります。

 

もし、利益が出て、競争相手が少なければ、

誰もが参入してくるはずです。

 

競争相手が少ない環境を探します。

 

4   競争のまとめ

ヒルティの言葉と一緒に、

競争」について解き明かしました。

 

競争とは、

  • 競争に負けない体力をつける。
  • 競争相手が少ない環境を選ぶ。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。