公平な社会はある?公平でない事を認識して行動する意味。

「社会は、不平等だよね。そう思うよ。

全て平等なんて、どういう世界か想像できない。

人の感情がある限り、不平等を感じるよ。

 

どんな人にも、時間だけは、平等にある。

一日は、誰でも24時間だから、それが理由らしいよ。

時間の平等じゃなくて、

時間の使い方の平等を議論してほしいよ。」

 

公平だと思える社会は、望ましいです。

しかし、現実は、公平ではありません。

では、公平でない事を認識して行動する意味とは、何でしょうか?

 

それは、

  • 不公平は、必ず発生する。
  • 公平な社会を目指す、現実的な行動ができる。

です。

 

それでは、

18~19世紀のドイツの詩人、ゲーテと一緒に、

公平」について解き明かします。

 

1   ドイツの詩人、ゲーテは、『タッソー』の中で述べています。

あらゆることにおいて公平であるということは

愚かしいことである。(中略)

人間はその狭い本性の中に、

愛と憎しみという二重の感情を必要とする。

人間は昼と同様、夜を必要としないだろうか。

 

高橋健二編 『ゲーテ格言集』 新潮社

1991年改版 68ページより引用

 

2   不公平は、必ず発生する。

不公平は、必ず発生します。

なぜなら、公平感は、人それぞれ異なるからです。

 

同じ人でも、今日と明日で違いが現れます。

その瞬間にも、考えが揺れます。

 

多数派のまとまった感情が、少数派を攻撃します。

過去の出来事を、きれいに掘り出して、攻撃します。

 

努力が足りないと、相手を非難します。

機会が保障されていないと、反論します。

 

すべてのことに、公平ということは、無いのです。

 

3   公平な社会を目指す、現実的な行動ができる。

公平でない事を認識して行動する意味とは、

公平な社会への実現に向けて、現実的な行動ができます。

なぜなら、不公平と、公平の差を分析できるからです。

 

公平な社会は、やる気や才能がある人が、

目標を達成できる、仕組みと支援がある社会です。

 

公平な社会は、その人、それぞれの能力に適した、

活躍の場が保障されている社会です。

 

公平な社会は、どんな人にも、

教育を受ける機会がある社会です。

 

公平な社会を、段階的に実現させます。

 

4   公平のまとめ

ゲーテと一緒に、

公平」について解き明かしました。

 

公平ではないこととは、

  • 不公平は、必ず発生する。
  • 公平な社会を目指す、現実的な行動ができる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。