機会を逃してしまった?機会をつかむ準備をしよう。

「締め切り日は、一週間前だったの?

本当に?

もう一度、確認したの?締切日?

 

せっかくのチャンスだったのに。

時間を作って、準備を進めていたよね。

締め切り日を間違えていたなんて、

残念だよ。」

 

つかみかけたチャンスを、待ちに待った機会を、

小さな不注意で逃してしまうことがあります。

では、機会をつかむ心構えとは何でしょうか?

 

それは、

  • 情報収集のアンテナを張りめぐらす。
  • 確認を何度もする。

です。

 

それでは、

古代ローマの作家、プブリリウス・シュルスの言葉と一緒に、

機会」について解き明かします。

 

1   古代ローマの作家、プブリリウスは、『金言集』の中で述べています。

機会は容易に与えられないが、

容易に失われる。

 

柳沼重剛 『ギリシア・ローマ名言集』

岩波書店 2003年 102ページより引用

 

2   情報収集のアンテナを張りめぐらす。

機会をつかむには、

情報収集のアンテナを、たくさん立てておくことです。

なぜなら、機会は、いつどこに現れるか

分からないからです。

 

情報収集は、検索サイトに頼り過ぎずに、

人と会って人脈を作り、自分の目で確認し、

書籍や雑誌に目を通し、能動的に行動します。

 

機会をつかむには、能動的に行動します。

 

3   確認を何度もする。

機会をつかむ心構えとは、確認を何度でもすることです。

なぜなら、条件を満たさないと、手で握った大切な機会が、

するりと逃げてしまうからです。

 

確認をするだけ、確認をする習慣を持つだけで、

大切な機会を逃しません。

うっかりしていた、忙しかった、確認したつもりだった、

変更を知らなかった、誰かがやってくれると思っていた。

せっかくのチャンスを、逃さないようにしましょう。

 

機会を逃さないように、何度でも確認します。

 

4   機会のまとめ

プブリリウス・シュルスの言葉と一緒に、

機会」について解き明かしました。

 

機会とは、

  • 情報収集のアンテナを張りめぐらす。
  • 確認を何度もする。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。