説明する事は簡単?専門用語を使わず、分かりやすく話そう。

「それは、資料を読んでいるだけ。

専門用語ばかりで、よく分からないよ。

詳しく書いてあるのは、すごいね。

伝えたいことと、伝えなければならないこと、

一生懸命やっているのは、認めるよ。」

 

一生懸命に説明しようとすると、

専門用語を使って、熱弁しがちです。

では、説明する時の注意点とは何でしょうか?

 

それは、

  • なぜ分からないのか、理解してあげ、分かるように説明する。
  • 難しい言葉は使わず、簡単な言葉で、専門的なことを話す。

です。

 

それでは、

18~19世紀のドイツの哲学者、

ショウペンハウエルの言葉と一緒に、

説明すること」について解き明かします。

 

1   ドイツの哲学者、ショウペンハウエルは、『読書について』の中で述べています。

大切なのは普通の語で

非凡なことを言うことである。

 

『世界名言集』 岩波書店

2002年 333ページより引用

 

2   なぜ分からないのか、理解してあげ、分かるように説明する。

説明する時の注意点は、

なぜ解らないのか、理解します。

 

なぜなら、説明する人は、自分が理解できているので、

理解できないことが、腑に落ちないからです。

 

説明をすれば、理解できると考えています。

説明だけで理解できなければ、自ら学べと考えています。

説明をすれは、義務を果たしたと考えます。

説明は、同じ原稿を何回も、何年も使い続けます。

 

説明する時、理解できることを補助しましょう。

 

3   難しい言葉は使わず、簡単な言葉で、専門的なことを話す。

説明する時の注意点は、

簡単な言葉で、詳しく話すことです。

なぜなら、内容を把握する前に、

難しい言葉を、理解しなければならず、

途中であきらめてしまうからです。

 

入り口がどこにあるのか、しっかり示し、

構造がどのようになっているのか、

理解できる言葉で、説明します。

 

一方、始めから相手を見下して、

簡易な言葉を使って、

分かった気分を演出してはいけません。

 

難しい言葉を使わず、簡単な言葉で、

専門的な内容を伝えます。

 

4   説明することのまとめ

ショウペンハウエルの言葉と一緒に、

説明すること」について解き明かしました。

 

説明することとは、

  • なぜ分からないのか、理解してあげ、分かるように説明する。
  • 難しい言葉は使わず、簡単な言葉で、専門的なことを話す。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。