またため息をつく。ため息は新鮮な空気を取り入れている。

「ため息が出た。

以前は、ため息しないように、気をつけていたよ。

その時、ため息は、悪いこと、悪い行為と思っていたんだ。

でも、ため息をついた後、すっきりすることに気付いたんだ。」

 

できることなら、ため息をつくような状況は、

避けたいものです。

では、ため息の効果とは何でしょうか?

 

それは、

  • 新鮮な空気を取り入れて、心を応援している。
  • 大きく息を吐き出すことで、嫌な気分を追い出す。

です。

 

それでは、

18~19世紀のイギリスの詩人、ブレイクの言葉と一緒に、

ため息」について解き明かします。

 

1  イギリスの詩人、ブレイクは、「アルビョンの娘たちの幻覚」の中で述べています。

夜はため息ばかりつき、

朝になれば、

また新たな涙にくれるのです。

 

松島正一編 『対訳ブレイク詩集』 岩波書店

2004年 219ページより引用

 

2   新鮮な空気を取り入れて、心を応援している。

ため息は、沈んだ心を応援します。

なぜなら、心に、新鮮な空気を送り届け、

心の食卓に彩を添えるからです。

 

沈んだ気持ちでは、元気がでません。

公園へ出かけることや、カフェでくつろぐ機会も

めっきり減ってきます。

そのような時に、ため息は、新鮮な風を送り込み、

沈んだ心を応援します。

 

ため息は、沈んだ気分に、新鮮な風を届けます。

 

3   大きく息を吐き出すことで、嫌な気分を追い出す。

ため息は、嫌な気分と一緒に、心から出ていきます。

なぜなら、ため息は、嫌な気分の代表として、

認知されているからです。

 

気分を見える形にすることは、非常に難しいです。

しかし、ため息に役割を与え、ため息を活用すれば、

気分を変えることができます。

 

ため息の吐くスピードを利用して、

悩みを心から吹き飛ばしましょう。

 

ため息は、嫌や気分を、心から連れ出してくれます。

 

4   ため息のまとめ

ブレイクの言葉と一緒に、

ため息」について解き明かしました。

 

ため息とは、

  • 新鮮な空気を取り入れて、心を応援している。
  • 大きく息を吐き出すことで、嫌な気分を追い出す。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。