効率的になる改善が必要か?非効率の中にある宝物。

「全部、データ化すればいいのに。

パソコンで、管理や編集ができるし、

字もきれいで、印刷でき、便利だよ。

手書きは、時代遅れで、時間がかかるだけ。」

 

効率が良くなるように、改善を進めていくことは、

非常に大切です。

一方、非効率の中にも、楽しさが存在します。

では、改善とは何でしょうか?

 

それは、

  • 不自由なところを直して、快適に過ごせるようにする。
  • 改善していくと、ゆとりの空間を狭くする。

です。

 

それでは、

18~19世紀のイギリスの詩人、ブレイクの言葉と一緒に、

改善」について解き明かします。

 

1   イギリスの詩人、ブレイクは、「地獄の格言」の中で述べています。

改善はまっすぐな道をつくるが、

改善されない曲がった道が

天才の道である。

 

松島正一編 『対訳ブレイク詩集』 岩波書店

2004年 199ページより引用

 

2   不自由なところを直して、快適に過ごせるようにする。

改善とは、不自由なところを直すことです。

なぜなら、快適で効率的な環境を、手に入れたいからです。

 

今まで時間内にできなかったこと、

労働力が足りなくて困っていたこと、

作ることができなかったこと、

体に負荷と負担がかかっていたこと、

休日がとれなかったことを、改善で解決します。

 

改善は、快適な環境を作り出します。

 

3   改善していくと、ゆとりの空間を狭くする。

改善とは、ゆとりの空間を狭くしてしまいます。

なぜなら、効率的に、反応良く、

物事がすすめられていくからです。

 

余っている時間、いくつもの工程、使っていない空間、

まとまりのなさ、多くの道具、規格外の大きさや形、

物理的なすき間が無くなり、

すき間から生み出される、ゆとりの空間も消えていきます。

 

改善とは、ゆっくりすることを許しません。

 

4   改善のまとめ

ブレイクの言葉と一緒に、

改善」について解き明かしました。

 

改善とは、

  • 不自由なところを直して、快適に過ごせるようにする。
  • 改善していくと、ゆとりの空間を狭くする。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。