感情をコントロールすべきか?自分の感情を大切にしよう。

「感情をおさえ、冷静に対応する。

笑顔で、いつも、笑顔で。

こんなの、ロボットに任せればいいんだよ。

感情豊かに、感情表現するのは、個性だよ。

 

突然、怒鳴って、悲鳴をあげ、泣きだす、

このような例外もあるけどね。」

 

感情を出すことは、許させるようになりました。

しかし、感情をコントロールすることが、

美徳とされる風潮も残っています。

では、感情との付き合い方とは何でしょうか?

 

それは、

  • ある一定の幅に、感情の波を振幅させる。
  • 感情を打ち消す意志を使いこなす。

です。

 

それでは、

江戸時代の僧、良寛の言葉と一緒に、

感情」について解き明かします。

 

1   江戸時代の僧、良寛は、述べています。

人は生まれながら金石でないから、

物の動きにつれて、

感情も自然に変わってゆく。

いつまでも、ものの一隅にしがみついていて、

よいものか、

ごろごろしているうちに、

あごひげが白くさがっているではないか。

 

柳田聖山訳 『良寛道人遺稿』 中央公論新社

2002年 78ページより引用

 

2   ある一定の幅に、感情の波を振幅させる。

感情は、ある一定の幅におさめればいいのです。

なぜなら、感情は、

波のように揺れながら、変化していくからです。

 

感情を出すことを嫌う社会では、感情を無理に抑えなくても、

感情を上下に揺らしながら、

一定の幅におさめれば、文句を言われません。

この感情の幅の中に、個性を入れ込みます。

 

感情は、揺れながら変化します。

 

3   感情を打ち消す意志を使いこなす。

感情的に反応する社会と付き合うには、

感情を打ち消す意志を使いこなします。

なぜなら、感情を表出してはいけない時が、

非常に多いからです。

 

感情を出せない状況は、ただ苦しいだけです。

しかし、感情を打ち消す意志を使えば、

心は、感情を持ちながら過ごせます。

 

感情を打ち消すとは、反対の感情を抱かず、

同じ感情と同じだけマイナスにして、

心の中に預けておきます。

 

感情社会と向き合うには、感情で応戦しません。

 

4   感情のまとめ

良寛の言葉と一緒に、

感情」について解き明かしました。

 

感情とは、

  • ある一定の幅に、感情の波を振幅させる。
  • 感情を打ち消す意志を使いこなす。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。