疲れていても眠れない。原因は、神経が興奮しているからだ。

「体が疲れていて、すぐに眠れない時があるんだ。

寝る前に、体の力を抜く運動をするようになって、

寝つきがよくなったよ。

全身、ゆらゆら力を抜いて、揺らすんだよ。」

 

体の疲れを取るために、ゆっくり休みます。

上手く疲れが取れればいいのですが、

神経が高ぶって、くつろげません。

では、疲れを軽減させる方法とは何でしょうか?

 

それは、

  • 朝食を食べて、エネルギー源を確保する。
  • 体の力を抜いて、セルフマッサージをする。

です。

 

それでは、

19~20世紀のイギリスの哲学者、ラッセルの言葉と一緒に、

疲れ」について解き明かします。

 

1   イギリスの哲学者、ラッセルは、『幸福論』の中で述べています。

進歩した社会において最も深刻な疲れは、

神経の疲れである。

 

ラッセル著 安藤貞雄訳 『幸福論』 岩波書店

1991年 75ページより引用

 

2   朝食を食べて、エネルギー源を確保する。

疲れを軽減させるには、朝食を食べます。

なぜなら、疲れた体は、睡眠がお世話していて、

食べ物の消化まで、睡眠に任せるには、

負担をかけすぎるからです。

 

一日をスタートさせる時に、エネルギーを十分に補給すれば、

疲れにくい体になります。

そして、前日の残った疲れには、そのエネルギーを使って、

回復作業を始めます。

 

朝食を食べて、疲れにくい体を作ります。

 

3   体の力を抜いて、セルフマッサージをする。

疲れを取るには、セルフマッサージをします。

なぜなら、セルフマッサージで、過熱した神経を落ち着かせ、

リラックスできるからです。

 

入浴後、寝る前、寝付けない時、目覚めた時に、

セルフマッサージを行います。

力を抜いて、顔、目の周り、耳、頭、首、手のひら、指

自分の好きな部位を、優しく刺激します。

眠りの世界へ、さあ、出かけましょう。

 

疲れを感じたら、セルフマッサージをしましょう。

 

4   疲れのまとめ

ラッセルの言葉と一緒に、

疲れ」について解き明かしました。

 

疲れとは、

  • 朝食を食べて、エネルギー源を確保する。
  • 体の力を抜いて、セルフマッサージをする。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。