夢を持たなければならない?夢を持って生活する事の楽しさ。

「夢って、ずっと同じでなくてもいいよね?

子どものころの夢は、子どもの夢、

今の夢は、今叶えたい夢。

最初の夢をあきらめたのかって、言われるかな?

夢って、更新されるんだよね。

現実に直面することもあるし、

知らなかった世界を知ることもあるし、

夢を持っていることが、大切だと思う。」

 

夢を持っている人も、持っていない人も、

あきらめてしまった人も、まだ見つかっていない人もいます。

では、夢を持つこととは何でしょうか?

 

それは、

  • 夢に大きさはなく、誰でも持てる。
  • 楽しみを増やす。

です。

 

それでは、

20~21世紀の日本の詩人、吉野弘の言葉と一緒に、

」について解き明かします。

 

1   日本の詩人、吉野弘は、「夢焼け」の中で述べています。

ああ、「夢焼け」

この眩しい文字面は

人が

外からは見えない深いところを

夢に焼かれている、と

明かしてくれたネ。

人が

色には出ない焼かれかたで

夢にローストされながら生きている、

明かしてくれたネ。

 

『吉野弘詩集』 株式会社角川春樹事務所

1999年 140ページより引用

 

2   夢に大きさはなく、誰でも持てる。

夢は、誰でも持つことができます。

なぜなら、夢は、大きさは関係なく、

望めば、絶対に所有を承認するからです。

 

夢を、他人と比較しなくてもいいのです。

自分の夢は、自分の夢で、唯一の夢です。

また、夢を持つか、持たないか、

どんな夢を持つのか、夢を持ち続けるのかは、

本人の選択次第です。

 

夢は、夢を持つことを歓迎しています。

 

3   楽しみを増やす。

夢を持つことは、楽しみを増やすことです。

なぜなら、夢は、心に負担をかけるものでなく、

心に活力を与えるからです。

 

夢を無理に探す必要はありません。

夢は、楽しみを増やすアイテムなのです。

夢は、いくつ持ってもいいのです。気楽に考えます。

例えば、明日叶う夢、身近にある夢、遥か遠くの夢、

家族の夢、友人と共通の夢、地域みんなの夢です。

 

夢を持っていると、楽しく暮らせます。

 

4   夢のまとめ

吉野弘の言葉と一緒に、

」について解き明かしました。

 

夢とは、

  • 夢に大きさはなく、誰でも持てる。
  • 楽しみを増やす。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。