気分転換が必要?想像することで、心が安らぐ。

「忙しく動き回っている、先輩の顔を見ていたら、

耳が餃子に見えてきて、

もちろん、ランチは、駅前の中華屋へ行って、

ラーメン、餃子セットを食べたよ。」

 

想像の世界に入り込むことで、

ふと、心がやわらぎ、気分転換できます。

では、想像する時間を持つ効果とは何でしょうか?

 

それは、

  • 豊かな世界を携帯できる。
  • 気分転換ができ、心がやすらぐ。

です。

 

それでは、

20~21世紀の日本の詩人、吉野弘の言葉と一緒に、

「想像する」ことについて解き明かします。

 

1   日本の詩人、吉野弘は、「熟れる一日」の中で述べています。

空にいらっしゃる方が

大きなスプーンで

ひと掻きずつ

夕焼けを

すくって 召しあがるのか

赤いおいしそうなところが

ゆっくり 減ってゆく。

 

『吉野弘詩集』 株式会社角川春樹事務所

1999年 29ページより引用

 

2   豊かな世界を携帯できる。

想像する時間を持つことで、

豊かな世界空間を手に入れられます。

なぜなら、誰にも邪魔されず、

自由に考えを、遊ばせることができるからです。

 

想像することは、場所も時間も状況も気にせず、

目の奥に広がる世界へ、意識を移動させます。

そして、自由を獲得した想像力は、

手足を大きく伸ばした後、きれいな水でのどを潤します。

 

想像することで、心がうるおいます。

 

3   気分転換ができ、心がやすらぐ。

想像する時間を持つことで、気分転換ができます。

なぜなら、今の時間の流れから、

違う空間へ旅立てるからです。

 

想像は、旅に出るきっかけを作ってくれ、

そして、旅先でリフレッシュのプレゼントを贈ります。

 

想像する時間を持つと、

緊張して張りつめた心が、くつろぎます。

また、忙しく走り回っている心に、

休息場所と休憩時間を提供します。

 

想像する時間を持つと、心がやすらぎます。

 

4   想像することのまとめ

吉野弘の言葉と一緒に、

「想像する」ことについて解き明かしました。

 

想像するとは、

  • 豊かな世界を携帯できる。
  • 気分転換ができ、心がやすらぐ。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。