悩み事は辛い?悩みの原因がつまらないと発想の転換をする。

「どちらの車を買うのか、迷っているの?

こだわりがあるんだね。もう半年になるよ。

私は、機能が同じなら、値段で選ぶよ。

今は、減税対象車がねらい目だよ。」

 

悩んでいる本人は、とても辛いと思っていても、

悩みの原因は、結構簡単に、解決できることもあります。

では、悩みを減らす方法とは何でしょうか?

 

それは、

  • 悩みの種が、実は取るに足らないことだと、疑ってみる。
  • なぜ悩んでいるのか、自分自身に質問する。

です。

 

それでは、

19~20世紀のイギリスの哲学者、ラッセルの言葉と一緒に、

悩み」について解き明かします。

 

1   イギリスの哲学者、ラッセルは、『幸福論』の中で述べています。

悩みの原因になっている事柄が

いかにつまらないかを悟ることで、

ずいぶんたくさんの心配ごとを

減らすことができる。

 

ラッセル著 安藤貞雄訳 『幸福論』 岩波書店

1991年 79ページより引用

 

2   悩みの種が、実は取るに足らないことだと、疑ってみる。

悩みを減らすには、悩み自体が、つまらないことだと、

疑ってみます。

なぜなら、自分が何を悩んでいるのか、第三者の視点で

眺められるからです。

 

悩みの原因が、悩むべきことなら、悩み続けます。

一方、悩みが、つまらないことだと感じたら、ラッキーです。

悩みが減って、余った時間は、

他の重要な悩みへ、重点的に割り振ります。

 

悩みを減らすには、悩みの種を見直してみます。

 

3   なぜ悩んでいるのか、自分自身に質問する。

悩みを減らすには、なぜ悩んでいるのか、考えてみます。

なぜなら、同じようなことでも、悩んでいる人もいれば、

悩まない人もいるからです。

 

同じようなことでも、人によってとらえ方が違います。

悩まない人の、前向きな思考方法を学べば、

悩みを減らすことができます。

例えば、気にしすぎないこと、期待しすぎないことです。

 

悩むべきことなのか、自分に質問してみます。

 

4   悩みのまとめ

ラッセルの言葉と一緒に、

悩み」について解き明かしました。

 

悩みとは、

  • 悩みの種が、実は取るに足らないことだと、疑ってみる。
  • なぜ悩んでいるのか、自分自身に質問する。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。