幸福への近道。幸せと思う生活を、お互い受け入れて暮らす。

「亀を飼いたいの。とてもかわいいよ。

亀なら、このマンションでも大丈夫でしょ?

水槽だけでいいんだよ。あと、冬眠もするんだよ。

 

昨日言っていた、サーフィンのことだけど、

やりたければ、はじめてみれば?

今度の休みに、サーフボードを選びにいこうよ。」

 

一緒に暮らしていると、今まで経験したことがない、

新しい体験が待っています。

幸せと思う生活を、お互い受け入れて、暮らしたいです。

では、受け入れることとは何でしょうか?

 

それは、

  • 相手の価値観と同じ方向を向く。
  • 自分の価値観を広げる。

です。

 

それでは、

19世紀のイギリスの哲学者、ミルの言葉と一緒に、

「受け入れること」について解き明かします。

 

1   イギリスの哲学者、ミルは、『自由論』の中で述べています。

人類は、自分にとって幸福に思われるような

生活をたがいに許す方が、

他の人々が幸福と感ずるような

生活を各人に強いるときよりも、

得るところが一層多いのである。

 

『世界名言集』 岩波書店

2002年 127ページより引用

 

2   相手の価値観と同じ方向を向く。

受け入れることは、

相手の価値観と同じ方向を向くことです。

 

なぜなら、受け入れることは、

自分を抑え込まず、自ら動くことだからです。

 

価値観の方向性が合っていると、心身に負担なく、

受け入れられます。

しかし、お互い、同じ価値観を持っていることは、

絶対にありません。

 

一緒に長く過ごすには、あらかじめ、

どのような価値観を持っているのか、

どの方向に価値観が向いているのか、

どこへ価値観が向かっているのか、

しっかり見極めて、価値観を共有します。

 

受け入れる決定は、価値観を基準にします。

 

3   自分の価値観を広げる。

受け入れることは、自分の視野を広げます。

なぜなら、相手の価値観を知ることで、

自分の価値観を見直すことができるからです。

 

価値観を見直すとは、新しく付け加え、

余分な価値観を削り、価値観の方向を変えることです。

しかし、何年、何十年と親しんできた、

価値観を変化させるのは、痛みを伴います。

 

受け入れることは、自分の価値観を広げます。

 

4   受け入れることのまとめ

ミルの言葉と一緒に、

「受け入れること」について解き明かしました。

 

受け入れることは、

  • 相手の価値観と同じ方向を向く。
  • 自分の価値観を広げる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。