真実の心は嫉妬の対象になる?嫉妬によって失うもの。

「言葉で説明したことをまとめて

書いて渡しただけですよ。

ご高齢だから、分かりやすいように、

そう思ったから、作りました。

 

他のお客さんにも、同じようにできるのか、

他のスタッフにも、その作業を強制するのか、

私だけ目立ちたいのか、ということですね。

これらのことを踏まえて、報告書を提出します。」

 

真実の心に従った行動は、

それができない多くの人達の、嫉妬の対象になります。

その結果、真実の心は、嫉妬の力で、

心が折れ、融けて消滅します。

では、嫉妬が持つ力とは何でしょうか?

 

それは、

  • 望まなくても心の中に入り込み、異常増殖して大きな塊になる。
  • 真実のガラスの心を粉々に打ち砕く。

です。

 

それでは、

18~19世紀のイギリスの詩人、ブレイクの言葉と一緒に、

嫉妬」について解き明かします。

 

1   イギリスの詩人、ブレイクは、「メアリ」の中で述べています。

彼女の柔らかな記憶に

嘲りの顔が刻みこまれた。

 

軽蔑の顔また顔、侮蔑の眼また眼が

まるで邪悪な悪魔のように

メアリの優しい頭に住みついた。

 

彼女は神の似姿のような顔を

ひとつも思い出せない。

すべての顔は嫉妬をもつ、

メアリよ、あなたの顔のほかは。

 

松島正一編 『対訳ブレイク詩集』 岩波書店

2004年 311ページより引用

 

2   望まなくても心の中に入り込み、異常増殖して大きな塊になる。

嫉妬が持つ力とは、心の中に大きなしこりを作ります。

なぜなら、嫉妬は、自分が望まなくても、わずかなすき間から

心の中に入り込み、優しさの中で異常増殖するからです。

 

嫉妬は、優しさを食べつくした後、

次の狙いを真実の心に定めて、占領します。

また、嫉妬は、分裂して増殖し続けるので、

素直さや信じる心も占拠します。

 

嫉妬が持つ能力は、

心の中で、大きな悪性腫瘍を作り出します。

 

3   真実のガラスの心を粉々に打ち砕く。

嫉妬の持つ力は、真実の心を

粉々に打ち砕いてしまいます。

なぜなら、真実の心は、ガラスでできており、

嫉妬の硬くて冷たい力で、壊れてしまうからです。

 

嫉妬は、真実の心が、

ガラスでできていることを熟知しています。

そして、真実の心が、

最大の攻撃対象であることを承認しています。

 

嫉妬は、ねたみや軽蔑と協力して、

真実のガラスの心を破壊します。

 

4   嫉妬のまとめ

ブレイクの言葉と一緒に、

嫉妬」について解き明かしました。

 

嫉妬とは、

  • 望まなくても心の中に入り込み、異常増殖して大きな塊になる。
  • 真実のガラスの心を粉々に打ち砕く。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。