怒りが収まらない。そんな時は、肩の力を抜いてほほ笑もう。

「担当でしょ?

役割をきちんと決めて、各自が責任を持ってやるのは、

当然のことでしょ?

やらずに帰ったの?残った仕事は、誰がやるの?

結局、私がやらなければならないのか。その仕事を。」

 

担当者がやるべき仕事をせず、

自分の仕事量が増え、怒りがおさまりません。

そんな時は、肩の力を抜き、ほほ笑むことで、

怒りが落ち着いてきます。

では、ほほ笑みが持つ力とは何でしょうか?

 

それは、

  • 顔全体がリラックスし、思考全体を落ち着かせる。
  • 怒りでびしょ濡れになった心を、やわらかく乾かしてくれる。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

ほほ笑み」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで述べています。

ほほ笑んでみよう、

肩の力を抜いてみよう、

君を右や左に引きずりまわす怒りを

少しゆるめようという気持ちになれば、

すぐに解消する。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 269ページより引用

 

2   顔全体がリラックスし、思考全体を落ち着かせる。

ほほ笑みは、思考全体を落ち着かせます。

なぜなら、ほほ笑むと、顔全体の筋肉が動かされ、

リラックスさせる刺激が心に届くからです。

 

心を落ちつかせる理由を、あれこれと考えなくても、

ほほ笑むだけでいいのです。

いつでも、どこでも、どんな状況でも行えます。

ほほ笑みの仕方を忘れないように、

一度、ほほ笑んでみましょう!

 

ほほ笑みは、顔のこわばりをほぐします。

 

3   怒りでびしょ濡れになった心を、やわらかく乾かしてくれる。

ほほ笑みは、怒りで傷ついた心をいやしてくれます。

なぜなら、ほほ笑みは、怒りの力で

びしょ濡れになった心を、やわらく乾かしてくれるからです。

 

他人に対しての怒りも、自分自身への怒りも、

社会に向けた怒りも、組織に向けた怒りも、

どんな怒りも区別せず、

ほほ笑みは、私達の心をいやしてくれます。

 

ほほ笑みは、怒りを落ち着かせます。

 

4   ほほ笑みのまとめ

アランの言葉と一緒に、

ほほ笑み」について解き明かしました。

 

ほほ笑みとは、

  • 顔全体がリラックスし、思考全体を落ち着かせる。
  • 怒りでびしょ濡れになった心を、やわらかく乾かしてくれる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。