あの人の行動が理解できない。誤解が原因かもしれない。

「何であんな事をするのか、全く理解できなかったよ。

でも、誤解していたことが分かったよ。

説明を聞いて、納得したけれど、

そもそも、普段の言動が、誤解を招いたんだよ。」

 

自分の意図に反して、誤解が原因で、

トラブルが起こってしまうことがあります。

では、誤解とは何でしょうか?

 

それは、

  • 同調しないので、異星人だと感じている。
  • 誤解される行動をしている。

です。

 

それでは、

18~19世紀のドイツの詩人、ゲーテの言葉と一緒に、

誤解」について解き明かします。

 

1   ドイツの詩人、ゲーテは、『若きウェルテルの悩み』の中で、誤解について述べています。

世界のいざこざの因になるのは、

奸策や悪意よりも、

むしろ誤解や怠慢だね。

 

『世界名言集』 岩波書店

2002年 362ページより引用

 

2   同調しないので、異星人だと感じている。

誤解されやすい人は、周囲から異星人だと思われています。

なぜなら、周囲の人達の慣習に同調しないからです。

 

周囲の人達は、なぜ同調しないのか分かりません。

一方、誤解されやすい人は、なぜ同調しなければ

ならないのか、理解できないのです。

 

どちらかが歩み寄るか、両者を結びつける第3者の存在が、

誤解を解く秘訣です。

 

誤解されやすい人は、周囲に同調しません。

 

3   誤解される行動をしている。

誤解される人は、誤解されるような行動をしています。

なぜなら、軽率な行動をとっているという

意識が低いからです。

 

わざと挑発的に行動している人は、誤解を恐れません。

しかし、誤解されたくないと思っている人は、

日頃の行動を再点検し、自分の行動に責任を持ちます。

もし、自分で吟味できないなら、他人の助言を受け入れます。

 

軽々しい行動が、誤解を生み出しています。

 

4   誤解のまとめ

ゲーテの言葉と一緒に、

誤解」について解き明かしました。

 

誤解とは、

  • 同調しないので、異星人だと感じている。
  • 誤解される行動をしている。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。