幸福な人とは?幸福とは意識せず、自分らしく生きている。

「友達?幼なじみの地元の友達が多いね。

友達と出かけるのは好きだよ。ドライブや買い物かな。

あと、所属のスポーツクラブの人達とも、

よく食事に行くな。焼肉が多いかな?

でも、一人でいることも楽しいよ。」

 

自分のペースで、自分らしく、見栄を張ることなく、

日々楽しく暮らしています。

では、自分らしく生きるとは何でしょうか?

 

それは、

  • 家族や友人のことを大切に思っている。
  • 行動範囲が充実している。

です。

 

それでは、

20~21世紀の日本の詩人、吉野弘の言葉と一緒に、

自分らしく生きる」ことについて解き明かします。

 

1   日本の詩人、吉野弘は、「虹の足」の中で述べています。

他人には見えて

自分には見えない幸福の中で

格別驚きもせず

幸福に生きていることが。

 

『吉野弘詩集』 株式会社角川春樹事務所

1999年 88ページより引用

 

2   家族や友人のことを大切に思っている。

自分らしく暮らしている人は、

家族や友人のことを大切にします。

なぜなら、大切な人達とのつながりが、

自分の幸せだということを、知っているからです。

 

気心の知れた人達と一緒にいることが好きで、

彼らと楽しく過ごす時間を、大切にしたいと思っています。

楽しみも悲しみも、一緒に共有します。

 

自分らしく生きている人は、

家族や友人とのつながりを重視しています。

 

3   行動範囲が充実している。

自分らしく生きている人は、日常が充実しています。

なぜなら、自分の行動範囲を限定して、

上手くコントロールしているからです。

 

自分が納得したことを積み上げて、

日々の暮らしを組み立てています。

自分が好きなことに、多くの時間を割り当て、

ゆったり、のんびり過ごします。

 

自分らしく生きている人は、

日々の暮らしを充実させています。

 

4   自分らしく生きることのまとめ

吉野弘の言葉と一緒に、

自分らしく生きる」ことについて解き明かしました。

 

自分らしく生きるとは、

  • 家族や友人のことを大切に思っている。
  • 行動範囲が充実している。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。