人生を豊かにするには?美が、あなたの生活の質を高める。

「サボテンの花って見たことある?

トゲのように、細くて小さい花かと思っていたんだ。

家で育てている、丸いサボテンのことだけど、

花が咲いたんだよ。

サボテンと同じくらいの大きさで、華やかで

黄色のきれいな花で、その美しさにびっくりした。

部屋の中が、いっきに明るくなったよ。」

 

生活の中に花があるだけで、やすらぎの空間になります。

そして、美しさが、生活の質を高めてくれます。

では、美が持つ魅力とは何でしょうか?

 

それは、

  • 完成されていて、欠点を探す必要がない。
  • 完結しているので、美の存在だけで、生活が豊かになる。

です。

 

それでは、

19~20世紀の日本の思想家、

岡倉覚三の言葉と一緒に、

」について解き明かします。

 

1   日本の思想家、岡倉覚三は、『茶の本』の中で述べています。

まあ、茶でも一口すすろうではないか。

明るい午後の日の竹林にはえ、

泉水はうれしげな音をたて、

松籟はわが茶釜に聞こえている。

はかないことを夢に見て、

美しい取りとめのないことを

あれやこれやと考えようではないか。

 

松籟(しょうらい) 松に吹く風の音

『世界名言集』 岩波書店

2002年 399ページより引用

 

2   完成されていて、欠点を探す必要がない。

美が持つ魅力とは、欠点を探さなくてもいいことです。

なぜなら、美は、完成されていて、

疑わなくてもいいからです。

 

葉の大きさや形、花びらの重なり方や甘い香り、

茎の太さや毛の生え方、根のダイナミックさ、

美をありのまま受け入れるだけなので、

静かな気持ちのままでいられます。

 

美の魅力は、完成されていることです。

 

3   完結しているので、美の存在だけで、生活が豊かになる。

美の存在だけで、生活が豊かになります。

なぜなら、美自体が、完結しているので、

何かを付け足す必要がないからです。

 

身近にある美は、植物や動物です。

そして、絵画、書籍、工芸品、美術品の美もあります。

美の存在だけで、心にうるおいをもたらし、

芳醇な時を過ごせます。

 

美の魅力は、生活の質を高めることです。

 

4   美のまとめ

岡倉覚三の言葉と一緒に、

」について解き明かしました。

 

美とは、

  • 完成されていて、欠点を探す必要がない。
  • 完結しているので、美の存在だけで、生活が豊かになる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。