平凡な生活は、簡単に手に入る?平穏を手に入れる難しさ。

「毎日、毎日、同じことの繰り返しで、

平凡で、つまらないと思っていたよ。

でも、この暮らしができなくなるなんて、

全く想像していなかった。

平凡で毎日暮らせるって、幸せなことだったんだね。

もう一度、あの平凡な生活を取り戻したい。」

 

病気や死別や失業など、

当たり前のことが、当たり前にできなくなる、

そんな状況がやってきます。

では、平穏で平凡な生活とは何でしょうか?

 

それは、

  • 特別なイベントは無く、過ごす暮らし。
  • 当たり前を思っていることが、当たり前にできる暮らし。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

平凡な生活」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで述べています。

人は平凡で穏やかで安定した生活を求めなさい、

と言うけれども、

それを支えていくためにはまた、

多くの知恵が必要なのだとはあまり言わない。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 135ページより引用

 

2   特別なイベントは無く、過ごす暮らし。

平穏で平凡な生活は、特別なイベントを必要としません。

なぜなら、生活の中に、

あえて刺激を求めていないからです。

 

平穏さは、平凡な暮らしを、毎日続けることです。

眠さと戦いながら出かける準備をし、

バナナジュースとアーモンドを食べる。

いつもの行動は、心の安定につながります。

 

平穏な暮らしは、平凡で退屈に見えてしまいます。

 

3   当たり前を思っていることが、当たり前にできる暮らし。

平穏で平凡な生活は、当たり前と思っていたことが、

当たり前にできることです。

なぜなら、病気や死別や失業などで、

当たり前だったことが、困難なことに変ってしまうからです。

 

予期しない出来事が起これば、

平凡な暮らしの大切さを実感します。

しかし、思いがけないことがなくても、

平凡な暮らしが、継続するための取り組みを、

日頃から実践します。

 

平穏な生活は、当たり前を維持する努力を

積み重ねることです。

 

4   平凡な生活のまとめ

アランの言葉と一緒に、

平凡な生活」について解き明かしました。

 

平凡な生活とは、

  • 特別なイベントは無く、過ごす暮らし。
  • 当たり前を思っていることが、当たり前にできる暮らし。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。