失敗を繰り返している?失敗を恐れないで試みる。

「また失敗か。今回は結果が出ると思っていたのに。

何回やっても、上手くいかないな。

落ち込むことも、ずいぶん慣れたな。

条件を変えて、もう一度やってみよう。

あきらめたら、その時点で終わりだからね。」

 

一生懸命考えて、精一杯努力して、

条件や方法を変えて、しっかり準備して、

それでも、失敗してしまうことがあります。

では、失敗を繰り返しているときの考え方とは何でしょうか?

 

それは、

  • (若者)失敗も経験の一つだと思って、何度でも試みよう。
  • (年配)失敗の原因を分析し、続けるかやめるか、早目に決断しよう。

です。

 

それでは、

18~19世紀のドイツの詩人、ゲーテと一緒に、

失敗」について解き明かします。

 

1   ドイツの詩人、ゲーテは、『格言と反省』の中で述べています。

誤りも、われわれが若いうちは、きわめて結構だ。

ただそれを年をとるまで引きずって行ってはならない。

 

高橋健二編 『ゲーテ格言集』 新潮社

1991年改版 35ページより引用

 

2   (若者)失敗も経験の一つだと思って、何度でも試みよう。

若者は、失敗を恐れず、何度でも挑戦してください。

なぜなら、失敗は、たった一つの経験にすぎず、

挑戦をあきらめさせる、壁ではないからです。

 

時間はたくさんあり、気力や体力も充実しているので、

失敗に服従する必要はありません。

何度でも、目標を達成させるまで、

挑戦し続ければいいのです。

 

若者は、失敗も経験と考えて、

挑戦し続けましょう。

 

3   (年配)失敗の原因を分析し、続けるかやめるか、早目に決断しよう。

年配者は、失敗の後の進退を、

早目に決断します。

なぜなら、失敗の経験が、

十分生かされていないからです。

 

年配者でも、成功する人はいます。

しかし、彼らは、選ばれた少数の人々なのです。

失敗を克服して、成功をつかむのは、

宝くじの1等を当てるようなものです。

 

失敗を繰り返している年配者は、

慎重に物事を進めなければなりません。

 

4   失敗のまとめ

ゲーテと一緒に、

失敗」について解き明かしました。

 

失敗は、

  • (若者)失敗も経験の一つだと思って、何度でも試みよう。
  • (年配)失敗の原因を分析し、続けるかやめるか、早目に決断しよう。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。