違った意見を言いにくい。しかし、独創性はあなたを助ける。

「この指導方法なら、もっと分かりやすく、

実践に生かせるから、やりたいけれど。

マニュアル通りにやらないと、

怒られて、報告書を書かされるからな。」

 

良い方法があっても、決められた手順と違うため、

提案できないことがあります。

自分の中でとどめておくか、愚痴として出るかです。

独創性のある意見は、嫌われます。

では、独創性とは何でしょうか?

 

それは、

  • 前例がないと言われ、採用されない。
  • 人とは違った発想ができることで、自分らしさを発揮できる。

です。

 

それでは、

18~19世紀のドイツの詩人、ゲーテと一緒に、

独創性」について解き明かします。

 

1   ドイツの詩人、ゲーテは、『格言と反省』の中で述べています。

名人気質は往々利己主義と見なされる。

 

高橋健二編 『ゲーテ格言集』 新潮社

1991年改版 141ページより引用

 

2   前例がないと言われ、採用されない。

独創的な考えは、ほとんど採用されません。

なぜなら、前例がないという理由で、

責任逃れをするからです。

 

理解がある環境にいれば、独創性を発揮できます。

しかし、大部分は、独創性を発揮できません。

そんな時、ふてくされず、

自分で決められる地位なるまで、

心の中にしまっておきましょう。

 

独創的な意見は、敬遠されます。

 

3   人とは違った発想ができることで、自分らしさを発揮できる。

独創性は、自分らしさを発揮できます。

なぜなら、自分の内から、

無理なく自然に意見を出せるからです。

 

独創性は、自分自身の表現方法の一つで、

鏡で自分の姿を見ることと同じです。

多くの人が持っている意見に、

近づいていく方が、大変なのです。

 

独創性は、自分らしさを写し取った写真です。

 

4   独創性のまとめ

ゲーテと一緒に、

独創性」について解き明かしました。

 

独創性とは、

  • 前例がないと言われ、採用されない。
  • 人とは違った発想ができることで、自分らしさを発揮できる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。