相手の事を知らないと、無関心になる。知ることの大切さ。

「修士課程?博士課程?

どちらにしても、エリートだね。

高学歴の人って、あまり得意じゃないんだ。

理屈で固まっているような、

冷やかなイメージがあるよね。」

 

肩書きやイメージで、会う前から

相手と距離を置くことがあります。

相手に対する関心がないので、

知ろうとする気持ちが起こりません。

では、知ることの大切さとは何でしょうか?

 

それは、

  • 対象に対して、興味をもつきっかけになる。
  • 偏見、無関心から起こる問題を解消できる。

です。

 

それでは、

18~19世紀のドイツの詩人、ゲーテと一緒に、

知ること」について解き明かします。

 

1   ドイツの詩人、ゲーテは、『タッソー』の中で述べています。

人を知らねばこそ、人を恐れる。

人を避ける者はやがて人を見そこなう。

 

高橋健二編 『ゲーテ格言集』 新潮社

1991年改版 171ページより引用

 

2   対象に対して、興味をもつきっかけになる。

対象を知ることで、興味をもつきっかけになります。

なぜなら、何も知らなければ、

少ない自分の情報だけで判断し、無関心になるからです。

 

相手のことを知れば、分からなかったことから

生まれる警戒心を和らげます。

そして、相手への理解が深まることで、

興味をもつきっかけになります。

新しい仲間が増えていく、足がかりになります。

 

相手を知れば、警戒心が和らぎます。

 

3   偏見、無関心から起こる問題を解消できる。

知ることで、偏見や無関心から生じる

問題を解消できます。

なぜなら、相手がどんな存在なのかと、

情報を得ようとする行為が大切だからです。

 

対象について、正しい情報を知って、

その上で、偏った意見を修正し、

どのように付き合っていくか決めます。

相手を正確に知った後、

付き合わないことを選択してもいいのです。

 

相手のことを知ることが、偏見や無関心を減らします。

 

4   知ることのまとめ

ゲーテと一緒に、

知ること」について解き明かしました。

 

知ることは、

  • 対象に対して、興味をもつきっかけになる。
  • 偏見、無関心から起こる問題を解消できる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。