無理なのかな?真実の愛は、消える事のない火である。

「ここで生まれて、育ったんだ。

とにかく、この地域が好きなんだ。

食べ物も、景観も、人も、お祭りも、

みんな好き。

将来の子ども達のためにも、

この環境を守っていかなければならない。」

 

故郷を愛し、守っていく気持ちは、

自分の心の中から、自然に出てきます。

では、愛の力とは何でしょうか?

 

それは、

  • 他人からの強制でなく、自分の体から出現する。
  • 燃えるような情熱がある。

です。

 

それでは、

19~20世紀のイギリスの哲学者、

ラッセルの言葉と一緒に、

」について解き明かします。

 

1   イギリスの哲学者、ラッセルは、『幸福論』の中で、愛について述べています。

まことの愛は消えることのない火

心の中でいつも燃えている

病むことも、死ぬことも、冷めることもない

おのれの道を逸れることも決してない

 

ラッセル著 安藤貞雄訳 『幸福論』 岩波書店

1991年 44ページより引用

 

2   他人からの強制でなく、自分の体から出現する。

愛は、自分の体の内側から現れます。

なぜなら、愛は、

強制されると消えてしまうからです。

 

愛は、心の中で燃え続けています。

その火種を使って、愛を広めます。

そして、愛は、愛し愛されることが燃料となり

燃え続けることができます。

 

愛は、強制されるとなくなってしまいます。

 

3   燃えるような情熱がある。

愛の力は、燃えるような情熱があります。

なぜなら、愛は、消えることのない炎だからです。

 

愛の力は、あきらめることを知りません。

燃えるような情熱が、どんな状況でも、

誰にでも、どんな場所にも、愛を届けます。

愛の力で、夢を実現させます。

 

愛の力は、高い志しを応援します。

 

4   愛のまとめ

ラッセルの言葉と一緒に、

」について解き明かしました。

 

愛とは、

  • 他人からの強制でなく、自分の体から出現する。
  • 燃えるような情熱がある。

です。

 

幸福な気持ちは、私達の心に、

やすらぎを与えますように。