根回しは必要か?それがあることで、全体がまとまりをもつ。

「根回し?そんなこと、しなくてもいいよ。

まじめに取り組んでいるんだから、

気持ちを前面に出して、精一杯伝えれば、

きっとわかってくれるよ。」

 

何も準備せず、気持ちと気合で挑戦しても、

なかなか成功につながりません。

成果を勝ち取るには、事前の準備と根回しが大切です。

では、根回しの意味とは何でしょうか?

 

それは、

  • 知らないことを減らす。
  • 状況を判断し、先にできることを行う。

です。

 

それでは、

19~20世紀の日本の随筆家、寺田寅彦の言葉と一緒に、

根回し」について解き明かします。

 

1   日本の随筆家、寺田寅彦は、「コーヒー哲学序説」の中で述べています。

コーヒーの味は

コーヒーによって呼び出される幻想曲の味であって、

それを呼び出すためには

やはり適当な伴奏もしくは前奏が必要であるらしい。

 

『世界名言集』 岩波書店

2002年 261ページより引用

 

2   知らないことを減らす。

根回しの利点は、不確実なことを減らすことです。

なぜなら、不確実なことを調整するのは、

非常に時間がかかるからです。

 

不確実性を減らせば、

重要な課題に多くの時間を使えます。

有限な時間を有効に使えます。

また、目標とする姿を正確に予想できます。

 

根回しの利点は、リスクを減らすことです。

 

3   状況を判断し、先にできることを行う。

根回しとは、必要な準備を事前にしておくことです。

なぜなら、円滑な人間関係で進められるからです。

 

人の気持ちが変わるには、ある程度の時間が必要です。

準備の段階で、信頼関係を築けば、すぐに本題に入れます。

取引できる相手か、信用できるか、

このような、相手を評価する時間が節約できます。

 

根回しとは、事前の地ならしです。

 

4   根回しのまとめ

寺田寅彦の言葉と一緒に、

根回し」について解き明かしました。

 

根回しとは、

  • 知らないことを減らす。
  • 状況を判断し、先にできることを行う。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。