不機嫌は、体調を支配する?不機嫌を断ち切る方法。

「機嫌が悪いと、頭痛がひどくなるんだ。

顔の筋肉が重く感じて、動かしたくない。

頭の後ろの部分と、首がつながって、

肩に刺さってくるんだよ。」

 

不機嫌になると、気分の領域を超えて、

体調の変化まで引き起こす、

このような体験をしたことがあります。

では、不機嫌を断ち切る方法とは何でしょうか?

 

それは、

  • 手、肩、首のストレッチをする。
  • 腹式呼吸で、大きく呼吸をする。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

不機嫌」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで、不機嫌について述べています。

不機嫌になると、

われわれは束縛され、

窒息させられ、

息の根がとめられてしまう。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 47ページより引用

 

2   手、肩、首のストレッチをする。

不機嫌を断ち切るには、

手、肩、首のストレッチをします。

なぜなら、頭部に近い身体の緊張をほぐすことで、

気分がよくなるからです。

 

ストレッチは、通常、使っていない筋肉を

ゆっくり動かします。

頭の中を占領していた不機嫌が、この変化に気付き、

体に興味を持って、居場所を身体へ移します。

 

不機嫌を断ち切ろうと、ストレッチをする、

まず行動を起こす意志が重要です。

 

3   腹式呼吸で、大きく呼吸をする。

不機嫌を断ち切る方法は、

腹式呼吸で、大きく呼吸をします。

なぜなら、呼吸をゆっくり大きくすることで、

興奮している機嫌が休まるからです。

 

不機嫌な時は、呼吸が浅く、速い傾向があります。

鼻から吸って、ゆっくり口から吐く。

腹式呼吸で、1分間呼吸をすれば、

気分がすっきりします。

 

不機嫌を断ち切るには、ゆっくり大きく呼吸をします。

 

4   不機嫌のまとめ

アランの言葉と一緒に、

不機嫌」について解き明かしました。

 

不機嫌を直すには、

  • 手、肩、首のストレッチをする。
  • 腹式呼吸で、大きく呼吸をする。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。