信じて行えば、必ず成し遂げることができる。

「始めたのは、遅かったけれど、

やる気だけは、誰にも負けない。

まだまだ未熟で、学ぶことがいっぱいある。

絶対にできるって、信じているんだ。

できない理由は、何もない。」

 

強い気持ちをもって、成功を信じていれば、

必ず良い結果が得られます。

では、信じることの必要性とは何でしょうか?

 

それは、

  • 前向きな気持ちを生み出す。
  • 成功の疑似体験を積み重ねられる。

です。

 

それでは、

新約聖書の言葉と一緒に、

信じること」について解き明かします。

 

1   新約聖書の中から。                                         (マルコ福音書 第11章 23)

自分の言うことは成ると信ずるならば、

そのとおりになる。

 

塚本虎二訳 『新約聖書 福音書』

岩波書店 1963年 46ページより引用

 

2   前向きな気持ちを生み出す。

信じることは、前向きな気持ちを生み出します。

なぜなら、信じることは、

心の中に安全な場所を確保するからです。

 

もし、上手くいかないことがあっても、落ち込まず、

心の安全な場所に戻れます。

そして、安全な場所を背にすれば、

失敗を恐れず、前を向いて歩んでいけます。

 

信じることで、前向きな態度でいられます。

 

3   成功の疑似体験を積み重ねられる。

信じることで、成功の疑似体験を積み重ねられます。

なぜなら、信じることで、鮮明な成功像を

思い描くことができるからです。

 

信じ続けていると、何度も成功した姿が、

目の前に現れます。

最初は、ぼんやり輪郭だけだったのが、

鮮明な映像に変化していきます。

 

信じることは、

目標を達成した姿をイメージできます。

 

4   信じることのまとめ

新約聖書の言葉と一緒に、

信じること」について解き明かしました。

 

信じることとは、

  • 前向きな気持ちを生み出す。
  • 成功の疑似体験を積み重ねられる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。