心をよみがえらすには、自分の意志が強く関わっている。

「仕事をはじめたころは、

お客さんに寄り添って、仕事していたな。

ゆっくり話して、いつの間にか時間が過ぎて、

楽しかったな。

 

今は、後輩を指導する役割も加わって、

仕事は、上手くできるようになったな。

でも、お客さんと、距離があると感じるな。」

 

日々仕事に励んでいて、がんばっています。

描いていた仕事と現実の仕事の差を、

受け入れなければ、仕事は、続けられません。

 

ふと、始めたころの、

希望に満ちた気持ちを、思い出すことがあります。

では、心をよみがえらすこととは、何でしょうか?

 

それは、

  • 物足りなさを自覚することが、きっかけになる。
  • 本当にやりたいことに向き合える。

です。

 

それでは、

18~19世紀のドイツの詩人、ゲーテと一緒に、

心をよみがえらすこと」について解き明かします。

 

1   ドイツの詩人、ゲーテは、『ファウスト』の中で、心をよみがえらすことについて述べています。

心をよみがえらす泉は

自分の胸中からわいてこねば、

心身をよみがえらすことはできない。

 

高橋健二編 『ゲーテ格言集』 新潮社

1991年改版 40ページより引用

 

2   物足りなさを自覚することが、きっかけになる。

心をよみがえらすには、

物足りなさを自覚することから始まります。

なぜなら、自分の内側から出てくるサインが、

心を刺激するからです。

 

ゆっくり時間をかけて失ったものは、

何を失ってしまったのか、分かりにくいのです。

何か違うという、物足りなさが、

心の悲鳴を代弁するメッセージになります。

 

物足りなさを感じることが、心をよみがえらすことへの

きっかけを作ります。

 

3   本当にやりたいことに向き合える。

心をよみがえらすことは、本当にやりたいことと

向き合うことです。

なぜなら、現状が、本当にやりたいことと

ずれているからです。

 

よみがえらすとは、以前にあった姿へ戻ることです。

本当にやりたいことは、何なのか、それをやりたいのか、

真剣に考える時間が大切です。

 

心をよみがえらすことは、

ズレを自覚して改善することです。

 

4   心をよみがえらすことのまとめ

ゲーテと一緒に、

心をよみがえらすこと」について解き明かしました。

 

心をよみがえらすことは、

  • 物足りなさを自覚することが、きっかけになる。
  • 本当にやりたいことに向き合える。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。