今日も一日無事に終わった。疲れた心を夜空が癒してくれる。

「今日は、星がきれいに見えるね。

星座って素敵だよね。

覚えている星座は、

おおぐま座の北斗七星、オリオン座。

これくらいなら、夜空の中で探せるよ。」

 

素敵な夜空を見ながら、自然と一体になる、

そんな瞬間があります。

では、夜空が持つ魅力とは何でしょうか?

 

それは、

  • 誰でもどこでも見ることができる、癒しの空間である。
  • 広い宇宙へとつながっていく、開放感がある。

です。

 

それでは、

19~20世紀のドイツの小説家、トオマス・マンの言葉と一緒に、

夜空」について解き明かします。

 

1   ドイツの小説家、トオマス・マンは、「幻滅」の中で、夜空について述べています。

今私の一番好きな仕事といえば、

夜空を眺めることです。

なぜといって、この地上から、

また人生から眼をそらすのに、

これほど好い方法があるでしょうか。

 

『世界名言集』 岩波書店

2002年 387ページより引用

 

2   誰でもどこでも見ることができる、癒しの空間である。

夜空は、誰でもどこでも、

心の目で見ることができる、癒しの空間です。

なぜなら、夜空は、いつも開かれていて、

アクセス可能だからです。

 

暗闇、静けさ、星の輝き、月の丸み、長い雲、

動き出す星座の動物たち、星の音符で奏でられる音楽、

夜空で活躍する神話の英雄、

やっと地球までたどり着いた流れ星、

夜空劇場で、癒しの空間を演出してくれます。

 

夜空は、見る人を温かく迎え入れてくれます。

夜空は、拒否することを知りません。

 

3   広い宇宙へとつながっていく、開放感がある。

夜空を見ると、解き放たれた感じがします。

なぜなら、夜空から広がっていく、

宇宙の広大さが感じ取れるからです。

 

遥か遠くで輝く星へは行けないけれど、

星の輝きは感じ取れ、自分の心に保存できます。

今日の辛かった出来事は、小さな存在で、

どうでもいいことに思えてきます。

 

夜空を見ると、開放感があります。

 

4   夜空のまとめ

トオマス・マンの言葉と一緒に、

夜空」について解き明かしました。

 

夜空は、

  • 誰でもどこでも見ることができる、癒しの空間である。
  • 広い宇宙へとつながっていく、開放感がある。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。