心配だから手伝うの?相手は、信頼させてないと感じている。

「まだ半分しか完成してないって、言っていたな。

期限までは、十分時間があるけど、

心配だから、手伝ってあげて。

期限までにできなかったら、かわいそうでしょ?」

 

悪意があるとは、表現しませんが、

相手のことを、大切に思う気持ちが強いと、

心配して、干渉、介入、援助をしたくなります。

では、心配することとは何でしょうか?

 

それは、

  • 深い愛情で包み込むこと。
  • 信頼して任せることを拒絶している。

です。

 

それでは、

古代ローマの詩人、オウィディウスの言葉と一緒に、

心配」について解き明かします。

 

1   古代ローマの詩人、オウィディウスは、『変身物語』の中で述べています。

もう地表に近づいているあたりだったが、

妻の力が尽きはしないかと、

オルペウスは心配になった。

 

そうなると、無性に見たくなる。

愛がそうさせたということになるが、

とうとう、うしろを振り返った。

 

『世界名言集』 岩波書店

2002年 226ページより引用

 

2   深い愛情で包み込むこと。

心配することは、相手の全てを包み込むことです。

なぜなら、深い愛情が、自分から離れないで、

自分の近くにいて欲しいと、熱望するからです。

 

愛情の深さによって、

相手を囲い込む強度が異なります。

愛情が深いほど、相手を強く、長く、

激しく引き寄せます。

 

心配は、相手の行動と一体で存在します。

 

3   信頼して任せることを拒絶している。

心配は、相手が自立することを嫌います。

なぜなら、相手に任せてしまうと、

自分の影響力が減ってしまうからです。

 

相手が自らの判断ですることを信用せず、

自分のやり方を提供し続けます。

相手の行動を、いつも疑いの目で見ていて、

相手を信頼して任せることを拒絶します。

 

心配することは、自分の影響力を維持させたい、

強い意志です。

 

4   心配のまとめ

オウィディウスの言葉と一緒に、

心配」について解き明かしました。

 

心配とは、

  • 深い愛情で包み込むこと。
  • 信頼して任せることを拒絶している。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。