失敗してしまった。この経験を生かすのは、あなた次第。

「お客さんに、間違った説明をして、

商品を渡してしまった。

体調の変化はないと、仰っていたけど。

大きな失敗をしてしまって、

本当に情けないよ。」

 

失敗しないことが、一番いいことです。

しかし、どんな人でも、必ず失敗をします。

では、失敗をしたとき、

どのように対処すればいいのでしょうか?

 

それは、

  • 失敗した経験を生かす。
  • 同じ失敗を繰り返さない。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

失敗」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで述べています。

自分の犯したあやまちを直視して、

「おれはじつにばかだった」

という人たちは力強い自分を見出し、

彼らが消化したこの経験をよろこんでいるのだ。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 93ページより引用

 

2   失敗した経験を生かす。

失敗した経験をそのままにせず、

貴重な経験をして覚えておきましょう。

なぜなら、失敗したからこそ、

学べることもあるからです。

 

なぜ失敗したのか、きちんと分析したうえで、

失敗した経験を、貴重な経験だったと、

前向きにとらえる発想が、価値を持ちます。

 

失敗したからこそ、完全に理解できることもあります。

 

3   同じ失敗を繰り返さない。

失敗したら、繰り返して同じ失敗しないように、

行動を見直しましょう。

なぜなら、同じ失敗を繰り返すことは、

容認されないからです。

 

同じ失敗が繰り返されれば、

時間を失い、信用を失い、機会を失い、

出会いを失くし、職を失くし、財産を失くし、

損失は、非常に大きいです。

 

同じ失敗を繰り返すと、信頼を失います。

 

4   失敗のまとめ

アランの言葉と一緒に、

失敗」について解き明かしました。

 

失敗は、

  • 失敗した経験を生かす。
  • 同じ失敗を繰り返さない。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。