未来を考えることは、現状を分析することにつながる。

「持病を持ちながら、

これから何十年も働いていくには、

体調管理が、ポイントだな。

最近、食事が不規則で、コンビニの弁当ばかりだな。

太りすぎも気をつけるように、

医師から言われているからな。」

 

将来のことを考える時、現在の自分と

未来の自分を比較しながら、重ね合わせています。

では、未来について考えることとは何でしょうか?

 

それは、

  • 自分の状況を見直すきっかけになる。
  • 現状分析の能力を高める。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

未来」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで述べています。

強靭な精神をもつ人間は、

自分が今どこにいるのか、

何が起きてしまったのか、

まさに何が取り返しのつかないことなのかを自分で考えて、

そこから未来に向かって出発するような人だと、ぼくは考える。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 191ページより引用

 

2   自分の状況を見直すきっかけになる。

未来を考えることは、

現状を見直すきっかけになります。

なぜなら、未来は不確実なので、

確実で指標になるものを探すからです。

 

見直すとは、未来を迎える準備が、

どこまで進んでいるか確認する作業です。

今の自分の状況は、客観的事実として、

分析することができます。

 

未来を考えることは、自分の状況を

見つめなおすきっかけになります。

 

3   現状分析の能力を高める。

未来を考えることは、現状を分析する能力を高めます。

なぜなら、未来を実現で迎えるため、

何が不足しているのか考えるからです。

 

未来のあるべき姿を、具体的に想像できれば、

現状分析の精度も高くなります。

そして、分析結果をふまえて行動すれば、

想像が現実の形になって現れます。

 

正確に現状分析できれば、

思い描いた未来の自分に会えます。

 

4   未来のまとめ

アランの言葉と一緒に、

未来」について解き明かしました。

 

未来は、

  • 自分の状況を見直すきっかけになる。
  • 現状分析の能力を高める。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。