正しい助言を避けていない?都合の良い意見は心地良い。

「相談した先輩は、近くの専門学校にいく事に、

賛成してくれたよ。

自分の意見を否定せず、聞いてくれたよ。

なんで、わざわざ国立大学をめざす必要があるの?

専門学校でも、大学でも、

結局、同じ職業目指しているから、

近くの専門学校でいいよ。」

 

相談をするとき、自分が決めた結論を

言ってくれる人を選ぶ傾向があります。

正しい助言を避け、

自分に都合の良い意見を求めます。

では、自分に都合の良い助言とは何でしょうか?

 

それは、

  • 言ってほしいことを言ってくれる。
  • 言い訳の根拠を与えてくれる。

です。

 

それでは、

新約聖書の言葉と一緒に、

助言」について解き明かします。

 

1   新約聖書の中から。                                         (マタイ福音書 第13章 14)

あなた達は聞いても聞いても、

決して悟るまい、

見ても見ても、決してわかるまい。

 

塚本虎二訳 『新約聖書 福音書』

岩波書店 1963年 109ページより引用

 

2   言ってほしいことを言ってくれる。

自分に都合の良い助言とは、自分が言って欲しいことを

言ってくれる助言です。

なぜなら、嫌なこと、聞きたくないことを言いそうな人には、

相談しないからです。

 

もし、厳しい助言や予期せぬ人から何か言われると、

批判されたと判断します。

自分の意見を否定されたり、批判されたりすることを

全く望んでいません。

 

決められた言葉を、間違わないように

言ってくれる人が好みです。

 

3   言い訳の根拠を与えてくれる。

自分に都合の良い助言とは、言い訳の根拠を

与えてくれる助言です。

なぜなら、助言を利用して、他者の客観的な意見を

聞いたと、見せかけるためです。

 

自分の意見は正しい、

そして、賛同してくれる人もいる。

さらに、他人の意見をきちんと聞いた、

これらを根拠として、自分を弁明します。

 

都合の良い助言が、言い訳の支えになっています。

 

4   助言のまとめ

新約聖書の言葉と一緒に、

助言」について解き明かしました。

 

助言とは、

  • 言ってほしいことを言ってくれる。
  • 言い訳の根拠を与えてくれる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。