電子メールは便利?人と人の直接触れ合いが平和をもたらす。

「電子メールを送っておけば、すぐに要件は伝わるし、

送信する時間も気にしなくていいからね。

最近は、取引先だけでなく、

上司や同僚とも、メールでやり取りしているな。

便利さはいいけど、返信もすぐにしなければいけないので、

受信メールのチェックが大変だよ。」

 

Eメールは、直接会ったり、話したりしなくても、

すばやく要件が伝わり、とても便利です。

では、電子メールとの付き合い方とは何でしょうか?

 

それは、

  • 電子メールの利点と弱点を知る。
  • 直接触れ合う機会を意識する。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

直接の触れ合い」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで述べています。

社会の平和は、

人と人との直接の触れ合いや

みんなの利益の交錯や

直接に言葉をかわし合うことから生まれるであろう。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 114ページより引用

 

2   電子メールの利点と弱点を知る。

電子メールの利点と弱点を、理解して利用します。

なぜなら、電子メールは、万能でないからです。

 

電子メールの利点は、低コストで、すぐに送受信でき、

多くの人に一括で送信できます。

一方、電子メールの弱点は、人と会って

直接話す機会が減ることです。

また、コンピューターウィルスの危険があります。

 

電子メールの良し悪しを知って、利用します。

 

3   直接触れ合う機会を意識する。

Eメールでつながっている人達に、

直接会って、話す機会を持ちます。

なぜなら、同じ空間を共有し、言葉が、

お互いの気持ちを行き来すれば、

信頼関係が深まるからです。

 

また、直接触れ合うとこで、人が発するエネルギーを

感じ取れます。

言葉、握手、笑顔、しぐさの中から、

意欲、熱意、希望の中から、感じ取れます。

 

肌で感じるとるエネルギーは、信頼と敬意を生み出し、

穏やかな関係を築きます。

そして、平和な環境を共有します。

 

直接の触れ合いが、平和な環境を作り出します。

 

4   直接の触れ合いのまとめ

アランの言葉と一緒に、

直接の触れ合い」について解き明かしました。

 

直接の触れ合いとは、

  • 電子メールの利点と弱点を知る。
  • 直接触れ合う機会を意識する。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。