当たり前のように感じていた。愛はすべてのものを支配する。

「「家に帰ってきたら、

手を洗って、うがいもするんだよ。」

もう成人しているのに、言っていたね。

愛情があるというか、過保護というか、

やっぱり、親の愛情だね。」

 

親の愛情は、とても深いです。

子どもが何歳になっても、大切な存在なのです。

したがって、心配な気持ちが強くなり、

ついつい言葉が出てしまいます。

それでは、愛とは何でしょうか?

 

それは、

  • 愛は、すべてのものを支配する。
  • 深い愛は、心の救いである。

です。

 

それでは、

古代ローマの詩人、ウェルギリウスと一緒に、

」について解き明かします。

 

1   古代ローマの詩人、ウェルギリウスは、『牧歌』のなかで、愛について述べています。

愛はすべてのものを支配する。

さればわれらも愛に従おう。

 

柳沼重剛 『ギリシア・ローマ名言集』

岩波書店 2003年 81ページより引用

 

2   愛は、すべてのものを支配する。

愛は、すべてのものを支配します。

なぜなら、愛は、全ての人達に受け入れられる、

唯一の概念だからです。

 

人は、愛に支配する権利を与えています。

愛が、自分を、周りの人達を、遠くの人達も、

すべて幸せにしてくれる事を知っています。

 

また、愛に移動の自由の権利を与えています。

愛は、与えることも、与えられることも、

受け入れることも、受け入れられることも、

心の中を自由に移動し、やすらぎを広めます。

 

愛は、幸福の国の支配者なのです。

 

3   深い愛は、心の救いである。

深い愛は、心の救いです。

なぜなら、愛の力が強ければ強いほど、

心の修復に手を差し伸べてくれるからです。

 

困難な状況に立ち向かっている時、

悲しみ沈んでいる時、あきらめてしまった時、

罪悪感で心がいっぱいの時、

自分では解決できなくても、深い愛が救ってくれます。

 

深い愛は、いつも見守ってくれていて、

決して見捨てません。

 

4   愛のまとめ

ウェルギリウスと一緒に、

」について解き明かしました。

 

愛とは、

  • 愛は、すべてのものを支配する。
  • 深い愛は、心の救いである。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。