幸福になるには?それは、学ぶことが手伝ってくれる。

「学校で勉強していた時は、一般教養とかあって、

いろいろな分野の勉強をしていたな。

仕事をするようになって、

仕事に関連する専門分野しかやってないな。

でも、仕事に慣れたら、

専門分野もあまり学習しなくなったな。」

 

仕事に慣れて、経験も積んで、10年も経つと、

学ぶことは、過去の遺産になっています。

では、学ぶこととは何でしょうか?

 

それは、

  • 専門分野以外を学ぶことで、感性が磨かれる。
  • 感性を磨く学びは、幸福を形成する。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

学ぶこと」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで、学ぶことについて述べています。

自分でつくる幸福というのはけっしてだまさない。

それは学ぶことだから、

そして人はいつも学んでいる。

知ることが多くなればなるほど、

学ぶこともますます多くなるのだ。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 160ページより引用

 

2   専門分野以外を学ぶことで、感性が磨かれる。

仕事に直接関係のある、

専門分野以外のことを学びましょう。

なぜなら、いろいろな分野を学ぶことで、

感性が磨かれるからです。

 

どの分野を学ぶかという正解はありません。

各分野の中に、感性を磨くヒントが

わずかに散らばっています。

たくさん時間をかけて、学び取ります。

 

普段行っていることと、

異なった分野を学びましょう。

 

3   感性を磨く学びは、幸福を形成する。

感性を磨く学びは、幸福を作り出します。

なぜなら、感性が豊かになると、心が広く開放され、

幸福の材料を招き入れるからです。

 

感性を磨く学びは、

学ぶ意志を持って取り組みます。

そうすることで、直接、感性に届きます。

そして、幸福をつくる過程を眺められます。

 

感性を磨く学びは、

幸福を手に入れることにつながります。

 

4   学ぶことのまとめ

アランの言葉と一緒に、

学ぶこと」について解き明かしました。

 

学ぶこととは、

  • 専門分野以外を学ぶことで、感性が磨かれる。
  • 感性を磨く学びは、幸福を形成する。

です。

 

幸福の気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。