不機嫌な顔は伝染する?そんな時、ほほ笑みが大切。

「面倒くさいね。

明日の担当を決めるんだけど、

大変な業務があるところを割り当てると、

あの先輩、

ろこつに不機嫌になるよね。

職場全体が、悪い雰囲気になるからな。」

 

不機嫌な人がいると、すぐに不機嫌が蔓延します。

そんな時、いつまでも不機嫌の支配に屈していては、

居心地が悪くなるだけです。

では、不機嫌が蔓延している時、

どのように対処すればいいのでしょうか?

 

それは、

  • 不機嫌が発生すると、集団の中ですぐに広まる。
  • 不機嫌への対策は、ほほ笑みが有効だ。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

ほほ笑む」ことについて解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで、ほほ笑むことについて述べています。

自由となるには、しかし、

しかるべき時にほほ笑むだけでよかったのである。

ところが、そんな簡単なことを、だれも考えない。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 269ページより引用

 

2   不機嫌が発生すると、集団の中ですぐに広まる。

集団の中で不機嫌が現れると、

すぐに全体に広がります。

なぜなら、不機嫌は、

黒色のミストシャワーを出して漂うからです。

 

黒色は、他の色の上に、簡単に上塗りできます。

良い気分に、この黒色が付着して、

落ちにくいシミになります。

心にこの不機嫌が全体に染み渡ることあれば、

一部だけ汚染されることもあります。

 

不機嫌は、風や空調に乗って、

環境全体に広がっていきます。

 

3   不機嫌への対策は、ほほ笑みが有効だ。

不機嫌な人を見つけたら、

ほほ笑みで対抗しましょう。

なぜなら、ほほ笑みは、

沸騰した気持ちを安定させ、

不機嫌の働きを抑え込むからです。

 

ほほ笑みは、人肌の暖かさを保っています。

過熱した心も、冷えきった心も、

あっという間に、ぬくもりのある温度へ変えます。

ほほ笑みは、不機嫌の熱を冷まして、

不機嫌の活動を止めまいます。

 

ほほ笑みは、不機嫌な自分にも、

他人にも有効な手段です。

 

4   ほほ笑むことのまとめ

アランの言葉と一緒に、

ほほ笑む」ことについて解き明かしました。

 

不機嫌が蔓延する中、ほほ笑みの役割は、

  • 不機嫌が発生すると、集団の中ですぐに広まる。
  • 不機嫌への対策は、ほほ笑みが有効だ。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。