不幸は、頭の中で次々とわきだす。不幸に陥る仕組み。

「持病があって、いつ再発するか分からない。

いつまで、健康でいられるのか。

明日の発表、失敗しそうな気がしてきた。

空が暗くなってきた。傘持ってこなかったな。」

 

不幸になる状況は、

頭の中で、次々とわいてきます。

そして、不幸に結びつける力は、

学習しなくても身についています。

では、不幸に陥る仕組みとは何でしょうか?

 

それは、

  • 不幸になる要因を探すのは、とても簡単だ。
  • 不幸思考は、自ら断ち切るのが困難だ。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

不幸」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで、不幸について述べています。

どんな考えが頭に浮かんでも、

すぐに反対の考えによって否定されてしまう。

起こりそうなことは、際限なく出てくるからだ。

こうして、不幸な事態はあとからあとから生じてきて、

何ひとつ進展しない。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 59ページより引用

 

2   不幸になる要因を探すのは、とても簡単だ。

不幸を作り出す原因は、簡単に導き出せます。

なぜなら、不幸を実現させるのは、

努力しなくても容易にできるからです。

 

不幸の説明は分かりやすく、甘い言葉で誘惑してきます。

利点は、大きくはっきり、強い言葉で書かれています。

不幸世界へ入る障壁は低く、入場券も無料です。

不幸を実現させる投資も充実しています。

 

幸福になる考えを否定する事は、簡単です。

 

3   不幸思考は、自ら断ち切るのが困難だ。

不幸を考えだすと、それを断ち切るのは、

非常に困難です。

なぜなら、不幸を否定しようとすると、

大学院仕込みの説得術で、攻撃してくるからです。

 

また、不幸は、不幸の一部が切られると、

それらがすぐに再生し、不幸が蘇ります。

その結果、心の中は、不幸で満たされます。

遠慮深い幸福は、心に近づくことさえできません。

 

心の中に不幸が存在すると、

不幸を受け入れる状態に追い込まれます。

 

4   不幸のまとめ

アランの言葉と一緒に、

不幸」について解き明かしました。

 

不幸は、

  • 不幸になる要因を探すのは、とても簡単だ。
  • 不幸思考は、自ら断ち切るのが困難だ。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。