強制的な教育方法は有効か?短期と長期で成果が異なる。

「技術を習得させるには、

強制的に指導するのが、最も効率的な方法です。

覚えることを、無駄なく、ムラなく、

短時間で、習得できます。

この指導方法について、

質問がある方、いらっしゃいますか?」

 

自分で考える力を養うより、強制的に指導する方が、

短時間で、効率よく成果がでます。

では、強制的な教育方法は有効でしょうか?

 

それは、

  • 短期では、教育効果がある。
  • 長期では、ある水準以上の成長が見込めない。

です。

 

それでは、

17世紀のイギリスの詩人、ミルトンの言葉と一緒に、

教育」について解き明かします。

 

1   イギリスの詩人、ミルトンは、『失楽園』のなかで述べています。

武力によって敵を制する者は、

その半ばを制するにすぎない。

 

『世界名言集』 岩波書店

2002年 17ページより引用

 

2   短期では、教育効果がある。

強制的な教育指導は、短期では成果がでます。

なぜなら、効率的に必要な論点を教え、

テクニックを覚えさせるからです。

 

理由を考えていると、先に進めません。

理由を考え出すと、脇道にそれてしまいます。

疑問を持つと、合格水準までたどりつけません。

疑問を持つと、マニュアルが無駄になります。

 

強制的な教育は、統一した方法で、

ある水準まで引き上げます。

 

3   長期では、ある水準以上の成長が見込めない。

強制的な教育方法は、長期では、

ある水準以上の成長は見込めません。

なぜなら、自分で考え抜くこと、

目標を達成させる意欲を育てられないからです。

 

成長し続けるには、自分で考え、選択し、

判断することが必要です。

強制的な教育では、

自ら学ぶ、動機付けを重視していません。

 

強制的な教育では、

自ら学ぶ姿勢を促せません。

 

4   教育のまとめ

ミルトンの言葉と一緒に、

教育」について解き明かしました。

 

強制的な教育とは、

  • 短期では、教育効果がある。
  • 長期では、ある水準以上の成長が見込めない。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。