あ、どうしよう?いざという時、人間関係は重要である。

「日本語が話せないお客さんに、

説明しなければならなかったんだ。

私、外国語が苦手で、困っていてね。

 

隣の部署の人で、語学が得意な人がいて、

対応してくれて、とても助かったよ。」

 

自分の能力で対応できない状況では、

人間関係を使って、応援を要請します。

では、人間関係の大切さとは何でしょうか?

 

それは、

  • 自分一人では、解決できないことでも、他人の力を借りれば解決できる。
  • 人間関係が良好だと、予期せぬ出来事の際、力を貸してくれる。

です。

 

それでは、

ルネサンス期の人文学者、エラスムスが編集した、

ギリシア・ローマの古典の格言と一緒に、

人間関係」について解き明かします。

 

1   オランダの人文学者、エラスムスは、『格言選集』のなかで述べています。

「人間は人間にとって神である」

 

突然に、

また予測しないときに救いが与えられた人について、

あるいは何か大きな恩恵によって助けられた人について

よく言われる。

 

金子晴勇訳 『エラスムス 格言選集』

知泉書館 2015年 7ページより引用

 

2   自分一人では、解決できないことでも、他人の力を借りれば解決できる。

自分の力では、解決できない難しい問題でも、

他人の力を借りれば、解決することができます。

なぜなら、人には、

それぞれ得意とする分野があるからです。

 

得意なことを仕事にして、お互い補い合い、

分業して暮らしています。

どんなにがんばっても、一人では無理な場合があります。

そんな時は、他人に力を借りることも必要です。

 

他人の力を借りれば、多くの難題を乗り越えられます。

 

3   人間関係が良好だと、予期せぬ出来事の際、力を貸してくれる。

苦境に陥った時、良い人間関係があれば、

手助けしてくれる人が増えていきます。

なぜなら、人は、困っている人を見ると、

助けようとするからです。

 

見知らぬ人を助けることもありますが、

知っている人であれば、

多くの労力を使ってでも助けてくれます。

一方、嫌いな人に対しては、

報酬の条件次第で助けるかどうか決めます。

 

良い人間関係があれば、自分の時間を使ってでも、

助けたいと思います。

 

4   人間関係のまとめ

エラスムスの言葉と一緒に、

人間関係」について解き明かしました。

 

人間関係の大切さとは、

  • 自分一人では、解決できないことでも、他人の力を借りれば解決できる。
  • 人間関係が良好だと、予期せぬ出来事の際、力を貸してくれる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。