幸福の作り方とは?それは、自分自身の力で作ること。

「宝くじで1等、当たらないかな。

そうしたら、どんなに幸せだろう。

毎晩レストランに行って、

お酒飲んで、カラオケして。

服も家電も何でも、

ローンで買わなくても、一括で支払い。」

 

幸せになる形は、人それぞれです。

一見幸せになりそうな出来事でも、

必ずしも幸福へつながるとは限りません。

では、幸福の作り方とは何でしょうか?

 

それは、

  • 自分にとって心地よいことを増やす。
  • 自分自身の力で、幸福を作り出す。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

幸福」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで、幸福について述べています。

幸福とはすべて、

本質的な意味において詩なのだから。

そして、詩とは行動を意味するのだから。

人は、

棚からぼた餅のように落ちてきた幸福はあまり好まない。

自分でつくった幸福が欲しいのだ。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 143ページより引用

 

2   自分にとって心地よいことを増やす。

幸福の作り方は、身の回りの環境を、

自分が心地良いと感じる空間にします。

なぜなら、多くの時間を過ごす環境を心地良くすれば、

元気に明るくなるからです。

 

好きな色を取り入れ、気に入ったカレンダーを飾り、

小物雑貨を置き、観葉植物を育て、

空間の空気を整えます。

気分が明るくなる、それが基準です。

 

自分にとって心地良いことを、

気持ちよく増やします。

 

3   自分自身の力で、幸福を作り出す。

幸福は、自分自身で作ります。

なぜなら、幸福の形は、人によって異なるからです。

 

既製品や大量生産の幸福は、

大きすぎたり、短すぎたり、甘すぎたり、辛すぎたり、

望んでいる幸福と一致しません。

自分が望む幸福は、

自分自身が一番よく知っています。

 

自分で作り出した幸福は、最高に心地よいです。

 

4   幸福のまとめ

アランの言葉と一緒に、

幸福」について解き明かしました。

 

幸福とは、

  • 自分にとって心地よいことを増やす。
  • 自分自身の力で、幸福を作り出す。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。