人生の極意とは?得たいと思うものを、強く欲することだ。

「一戸建ての家に、

家族と一緒に住むのが夢なんだ。

海の近くがいいな。

車とバイクがおけるガレージも欲しいな。

今住んでいるマンションは、ペット禁止だから、

犬でも猫でもいいから、

かわいいペットも飼いたいね。」

 

暮らしを楽しくし、充実させるためなら、

今日もがんばって働けます。

この気持ちの中に、

人生を充実させるための極意があります。

では、人生の極意とは何でしょうか?

 

それは、

  • 人生で得たいものを想像する。
  • 人生で得たいものを強く欲する。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

人生の極意」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで、人生の極意について述べています。

自分がほんとうに得たいと思うものを欲すること、

これは往々にして、人生の極意でもある。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 21ページより引用

 

2   人生で得たいものを想像する。

人生で得たいものを、具体的に想像します。

なぜなら、得たいものを想像できなければ、

何も手に入らないからです。

 

得たいものとは、住宅やお金などの財産があります。

また、地位や名誉、利権や権力など、

形のないものもあります。

さらに、尊敬や信頼など、人々が評価しないと、

得られないものも含まれています。

 

具体的に想像する事が、

人生を充実させる第一歩です。

 

3   人生で得たいものを強く欲する。

本当に得たいものは、強く欲することが大切です。

なぜなら、強く欲することで、

目的を達成させる原動力になるからです。

 

強い気持ちは、ぶれない方向性を持ち、

太陽の光で自家発電します。

困難な風が吹いても、迷いの霧の中でも、

力強く、前に進んでいけます。

 

人生で得たいものを、強く欲します。

 

4   人生の極意のまとめ

アランの言葉と一緒に、

人生の極意」について解き明かしました。

 

人生の極意とは、

  • 人生で得たいものを想像する。
  • 人生で得たいものを強く欲する。

です。

 

幸福の気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。