礼儀作法は必要か?優雅な物腰は、幸福になる為の条件だ。

「礼儀作法って、社会人になると

必要性を感じるね。

冠婚葬祭の時、特に感じるよね。

あと、高級料理店や高級旅館。」

 

時、場所に応じて、スマートに対応できると、

自分も周りの人達も気持ちよく、時間を過ごせます。

伝統や冠婚葬祭や高級さ、

これら以外でも、日常生活のあらゆるところに、

礼儀作法があります。

では、礼儀作法とは何でしょうか?

 

それは、

  • 礼儀作法とは、昔からの習慣が洗練されたもの。
  • 優雅な物腰は、人と人との関係を滑らかに和ます。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

礼儀作法」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで述べています。

優雅な物腰とは、

表現と動作の安らかな幸福である。

それはだれも傷つけることのないもの、

だれをも不安にすることのないものだ。

幸福になるためには、

この種の美徳をそなえることがきわめて大切である。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 280ページより引用

 

2   礼儀作法とは、昔からの習慣が洗練されたもの。

礼儀作法とは、昔からの習慣が洗練されたものです。

なぜなら、暮らしやすいように、生活の知恵を

修行に出して、鍛え上げたからです。

 

礼儀作法は、先人の知恵がつまっていて、

使いやすく凝縮されています。

とくに、人と人との滑らかな関係性が得意です。

さらさらとした、甘い香りのする作法オイルで、

穏やかなやさしい関係を築きます。

 

礼儀作法を身につけると、

幸せな人間関係を作れます。

 

3   優雅な物腰は、人と人との関係を滑らかに和ます。

優雅な物腰は、

人と人との関係を滑らかに和ませます。

なぜなら、優雅な物腰は、誰も傷つけず、

人の心を和ませるからです。

 

自然に振る舞う姿は、

ごつごつした疑う気持ち、平たい無関心、

長びく優越感、冷たい劣等感、

これらの障害を相手にせず、

人間関係を良くします。

 

優雅な物腰は、

人間関係をスマートに演出します。

 

4   礼儀作法のまとめ

アランの言葉と一緒に、

礼儀作法」について解き明かしました。

 

礼儀作法とは、

  • 礼儀作法とは、昔からの習慣が洗練されたもの。
  • 優雅な物腰は、人と人との関係を滑らかに和ます。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。