お中元、お歳暮を贈っている?慣習の中にある心地良さ。

「お中元やお歳暮ってどうしている?

何を贈るのか考えるのは大変だよね。

相手にカタログで選んでもらうのもいいけれど、

相手の人の顔を思い浮かべながら、

これならって、喜ぶ一品を見つけると、

気分が高ぶるよね。」

 

社会で広く行われている慣習には、

何の意味があるのだろうかと疑問に思います。

では、慣習とは何でしょうか?

 

それは、

  • 一般的な慣習を、決められた通りにやるだけ。
  • 感謝を伝えることができる。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

慣習」について解き明かします。

 

1     フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで述べています。

社交生活や訪問や儀式やお祝いが

いつも好まれるのである。

それは幸福を演じてみるチャンスなのだ。

この種の喜劇はまちがいなくわれわれを

悲劇から解放する。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 62ページより引用

 

2   一般的な慣習を、決められた通りにやるだけ。

一般的な慣習を、決められた通り行うだけで、

友好関係を保つことができます。

なぜなら、長い月日の中で培われた慣習は、

コミュニティーをまとめ、関係を円滑にする、

知恵がつまっているからです。

 

慣習は、時期や方法が決まっているので、

簡単に取り入れられます。

また、多くの人に知られているので、

怪しまれず、素直に受け入れられます。

 

慣習は、皆が知っているので、

容易に実施できます。

 

3   感謝を伝えることができる。

慣習やマナーを覚えて実践するだけで、

相手に感謝の気持ちを伝えられます。

なぜなら、慣習の構成成分の一つが

心地良さだからです。

 

慣習は、その地域で長年熟成された

心地良さから出来上がっています。

 

慣習やマナーを堅苦しく、面倒だと思わずに、

相手が心地良くなる手段と認識すれば、

慣習をすすんで取り入れたくなります。

 

慣習は、感謝を伝える方法を獲得できます。

 

4   慣習のまとめ

アランの言葉と一緒に、

慣習」について解き明かしました。

 

慣習とは、

  • 一般的な慣習を、決められた通りにやるだけ。
  • 感謝を伝えることができる。

 

幸福の気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。