忠実さは必要か?忠実に向き合うことの大切さ。

「忠犬じゃあるまいし、

「すべての対応は、常に忠実に、

真心を込めて行うように」って言われてもね。

そんなことをしていたら、仕事が終わらないよ。

疲れるだけ。」

 

自分に対して、相手に対して、忠実であることは、

とても難しいことです。

では、忠実さとは何でしょうか?

 

それは、

  • 一つ一つの事例を大切にして向き合う。
  • 大きな信頼を得ることができる。

です。

 

それでは、

新約聖書の言葉と一緒に、

忠実さ」について解き明かします。

 

1   新約聖書の中から。                              (ルカ福音書 第16章 10)

ごく小さいことに忠実な者は、

大きなことにも忠実である。

ごく小さなことに不忠実な者は、

大きなことにも不忠実である。

 

塚本虎二訳 『新約聖書 福音書』

岩波書店 1963年 239ページより引用

 

2   一つ一つの事例を大切にして向き合う。

忠実さとは、

一つ一つの事例を大切にして向き合うことです。

なぜなら、人によって、

表出する方法が様々だからです。

 

多くの要望を表現する、分かりやすい、

人手も時間も気苦労も使っている場合も、

ニコニコの笑顔で信頼してくれている、

やさしく物分かりのいい、あきらめているだろう、

最低限の時間しかかけられない場合も

同じように大切に向き合います。

 

忠実さは、求めている中核を見逃さないことです。

 

3   大きな信頼を得ることができる。

忠実さを意識することで、

大きな信頼を得ることができます。

なぜなら、忠実さと信頼との親和性は、

非常に良く、仲よしだからです。

 

忠実さの働きで、信頼の芽が発芽します。

さらに、信頼が育っていくための栄養素を、

忠実さが供給します。

忠実さが増えていけば、信頼も厚くなっていきます。

 

忠実さを心に留めていることが、

信頼される人になる秘訣です。

 

4   忠実さのまとめ

新約聖書の言葉と一緒に、

忠実さ」について解き明かしました。

 

忠実さとは、

  • 一つ一つの事例を大切にして向き合う。
  • 大きな信頼を得ることができる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。